コンテンツのトップイメージ

安い年会費でも充実の会員特典を備えたゴールドカードとは?

 「いくら年会費が安くても、サービスや特典内容が乏しいようなゴールドカードはいらない」
 「空港ラウンジサービスが付いていて、極力年会費が安いゴールドカードが欲しい」
 といった方は、SuMi TRUST CLUB エリートカードと三井住友VISAゴールドカードがおすすめ。

SuMi TRUST CLUB エリートカード

 SuMi TRUST CLUB エリートカードは年会費3,000円+税と格安で、国内主要空港の空港ラウンジを利用できるほか、ゴールドらしい優待特典が付帯しています。
 ポイントも貯まりやすい特徴があり、ポイント還元率重視はにもメリットあり。
 22歳以上、年収200万円以上なら入会できるので、審査のハードルも気になりません。

SuMi TRUST CLUB エリートカード
SuMi TRUST CLUB エリートカード券面画像 年会費本人3,000円+税
家族無料
旅行傷害保険海外最高5,000万円まで
国内最高5,000万円まで
入会基準22歳以上年収200万円以上
カード利用枠30〜100万円
国際ブランドvisa

三井住友VISAゴールドカード

 もう1枚の三井住友VISAゴールドカードは年会費10,000円+税ですが、カードの利用明細書を郵送ではなくWEBから確認できる方法にし、マイペイすリボと呼ばれる毎月の支払額の上限を自由に設定できるリボ払い型を選択すると、年に1回以上のカード利用で次年度は4,000円+税に年会費が優遇されます。
 リボ払いが嫌いな人は、マイペイすリボで毎月の支払上限額を利用限度額ギリギリに設定すれば、事実上1活払い専用のゴールドになります。
 なので、このゴールドカード会員はほぼ全ての人が4,000円(税抜き)で保有している、超コスパの高いカード。
 空港ラウンジサービスはもちろん、会員専用のデスク(電話窓口)や病気や健康に関する相談に乗ってくれるドクターコール24など、ゴールドカードらしいサービスが付帯しています。
 審査のハードルは高めですが、コストパフォーマンスに優れる1枚としておすすめです。

 なお、30歳未満の方はハードルも低く年会費1,500円+ 税まで優遇される三井住友VISAプライムゴールドカードへの入会が最もお得です!

三井住友VISAゴールドカード
三井住友VISAゴールドカード 年会費本人10,000円+税 ※初年度無料
※条件クリアで次年度以降4,000円+税
家族1名無料、2人目から1,000円+税
旅行傷害保険海外最高5,000万円
国内最高5,000万円
入会基準原則として、満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方
カード利用枠50〜200万円
国際ブランドvisaMasterCard

失敗しないゴールドカードの選び方

PAGE TOP

Copyright(c) 2012-2017 ゴールドカード・ウェブ All Rights Reserved.