menu
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード ページのトップ画像≪スマホ用≫アメックスゴールド ページトップの画像

高いステータス性 アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 年会費本人税抜29,000円+税
家族1人目無料、2人目以降12,000円+税
旅行傷害保険海外最高1億円
国内最高5,000万円
入会基準日本国内に定住所を持ち、25歳以上で定職がある方
カード利用枠個別に設定
国際ブランドamex
アメックスゴールドカード入会キャンペーンのご案内≪スマホ用≫アメックスゴールドのキャンペーン情報

こんな方に最適!アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの総評

 カードの名称に“ゴールド”と付いているものの、年会費は他社の発行する一般的なゴールドカードの2倍以上で、中身はプラチナカード級。
 会員に対するカード会社の対応も非常に評価が高く、たとえば電話で何かを問い合わせをした場合でも、対応の良さに心地よさすら感じます。

 日本で初めて発行されたゴールドカードで、ステータス性は非常に高く“本物”を追及される方に最適。
 さらに、このカードの上には、
「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード(年会費130,000円:税抜き)」、
その上には通称「センチュリオンカード(年会費350,000円:税抜き」と呼ばれる富裕層の中でも極々限られた超富裕層しか持つことが出来ないカードが存在し、入会のハードルが高く取得しづらいこともあって一部のカードホルダーの間でも人気のクレジットカードとなっています。
 アメックスのプラチナカードは、毎月の利用状況や資産状況等を総合的に踏まえて、選ばれた会員にしかインビテーション(招待状)が届きません。
 アメックスの上位カードは富裕層を象徴するクレジットカードとして認知されていますが、プラチナカードの取得を目指す方は、まずはアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードへの入会が原則となります。(グリーンカードへの入会でもOK!)

 アメリカン・エキスプレス・カード(グリーンカード)との違いは、
○海外旅行傷害保険の補償額が異なる
 カードでの決済がなくても5,000万円、カードで旅費等の決済があれば最高1億円
○キャンセルプロテクションが付帯
○国内の対象レストランで2名以上で予約すると、1名分のコース料理が無料
○会員専用のウェブサイトからホテル・レンタカーの予約をするとポイントが2倍
○提携ホテルに2連泊以上の宿泊で、ホテルが契約するゴルフコースのプレー代が1名様分無料となるプログラムに無料で登録可能(通常年会費245米ドル)
○京都特別観光ラウンジ
などが付帯している点です。

 アメリカン・エキスプレスは、事業として旅行代理店業を営んでいることから、カード会員向けの特典には、旅行に関連したサービスが盛り沢山。旅行・宿泊・レジャー・飲食に関する優待特典を多数用意しており、ビジネスもプライベートもアクティブに過ごす方に適したカードと言えます。

 さらに、空港ラウンジサービスでは、同伴者1名も無料となっています。
 他社のゴールドカードでは、同伴者の空港ラウンジ利用料は有料となるので、空港ラウンジをよく利用する方にはおすすめです。



私もアメックスゴールド会員です


アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの審査について

 意外と取得のハードルが高くないカードですが、最低でも年収500万円以上は欲しいところ。
 旅行好きの方にとっては、会員特典の充実度・サービスの質など、非常に優れたカードですが、年収が低いなど属性の低い・資産がほとんど無いなどの方が入会すると、カード利用可能枠が低く抑えられ、入会当初は何かと使い勝手に苦労することも・・・。
 年収が高くないなら、他のゴールドカードかアメックスのグリーンカードの入会を検討してはいかがでしょうか?

 ただ、年収400万円位でも審査に通った方が少なくないのは事実。最初は利用枠が小さくても利用実績さえ付けていけば、どんどん大きくなります。
 この辺を理解していただけるなら、最初からゴールド狙いでもOK!です。

ポイントについて

メンバーシップ・リワード

 カードをショッピングで利用100円につき1ポイント貯まるポイント・プログラム「メンバーシップ・リワード」
 1,000円で1ポイント貯まるクレジットカードが多い中、少額でも効率よく確実にポイントを貯めていくことが出来ます。
 全国にあるメンバーシップ・リワード ボーナスポイント・パートナーズのお店や宿泊施設などでカードを利用すると、2倍以上のポイントが付与されます。
 貯めたポイントの有効期限は3年間有効ですが、1度でもお好きなアイテムとポイント交換すると、以後は無期限になります。このメリットが魅力で、マイルを貯めるためにアメリカン・エキスプレス・カードを保有している有名人もいるようです。

 また、年間3,000円+消費税の参加登録費が発生しますが、「メンバーシップ・リワード・プラス」に登録すると提携航空会社へのマイル交換が1,000ポイント=1,000マイル(通常は2,000ポイント必要)、旅行代金への支払いに利用する場合は1ポイント=0.8円(通常は1ポイント=0.4円)と、未登録の方と比べると有利にポイント交換・移行が可能となるので、該当する方は必須です。

 また、会員専用のウェブサイトからホテル、レンタカーを予約するとポイントが100円=2ポイントと、通常の2倍貯まる特典があります。

ポイントを航空会社のマイルへ移行

 貯めたポイントは、お好きな景品との交換のほか、提携航空会社のマイルへ移行することが出来ます。
 通常は2,000ポイント=1,000マイルですが、「メンバーシップ・リワード・プラス」に登録すると1,000ポイント=1,000マイルになります。
 マイルに移行可能な提携航空会社は以下となっています。
アメックス提携航空会社

ホテルグループのポイントへ移行

 アメリカン・エキスプレス・カードで貯めたポイントは、以下の提携ホテルグループのポイントへ移行することも出来ます。
 通常は、2,000ポイント=1,250Hオナーズポイント or 330スターポイント ですが、「メンバーシップ・リワード・プラス」に登録すると1,000ポイント=1,250Hオナーズポイント or 330スターポイント での移行となります。
アメリカン・エキスプレス・カード提携ホテルグループ

各種付帯保険

旅行傷害保険

 最高1億円まで補償する海外旅行傷害保険、最高5,000万円まで補償する国内旅行傷害保険を付帯しています。
※海外旅行傷害保険は、カードでパッケージツアー料金や宿泊代金、航空機や船舶等のチケットを支払った場合に最高1億円まで、カードでの支払いがなかった場合は最高5,000万までの補償となります。
※国内旅行傷害保険が適用となるのは、カードでパッケージツアー料金や宿泊代金、航空機や船舶等のチケットを支払った場合に限ります。
※その他詳細に関しては、カード会社から送られてくる規約にてご確認願います。

ショッピング・プロテクション

 国内・海外を問わずアメリカン・エキスプレス・カードで購入した商品が破損、盗難、火災などの偶然な事故により被害を被った場合に、最高500万円まで補償します。
※商品の購入日(配送等による場合は到着日)から90日間が補償の対象となります。
※事故日から45日以内にアメリカン・エキスプレス・保険デスクへ連絡を入れて下さい。
※1事故につき自己負担額1万円となります。

オンライン・プロテクション

 心当たりのない、ネットショップでの不正使用による損害をアメリカン・エキスプレスが全額補償します。

リターンプロテクション

 カードで購入した商品の返品をお店が受付けない場合、購入日から90日以内ならアメリカン・エキスプレスに返却することで、購入金額を払戻しします。
※1商品につき最高3万円相当額を上限として、年間最高15万円までの補償となります。

キャンセルプロテクション

 急な病気やケガによる通院・入院および社命出張によって、予定していた旅行やコンサートに行けなくなった場合に、キャンセル費用などの損害を補償するサービス。
 ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードで旅行代金や宿泊代金、チケット代を事前に購入した場合に適用となります。
※出張によるキャンセルは海外旅行のみ補償の対象となります。

キャンセルの事由 補償限度額
会員本人、会員本人の配偶者または会員本人の親等以内の親族の死亡・傷害または疾病による 入院に基づくキャンセル 10万円(年間最高)
会員本人、会員本人の配偶者またはカード会員本人の子どもの傷害による 通院に基づくキャンセル 3万円(年間最高)
会員本人の社命出張に基づくキャンセルの場合 10万円(年間最高)

旅行

空港ラウンジサービス

 国内主要空港に加えて仁川国際空港およびホノルル国際空港のラウンジを会員本人のほか同伴者1名まで無料で利用可能。空港ラウンジでは、ソフトドリンクやアルコール、コピー・FAX、新聞、無線LANなどをご利用いただけます。(各空港ラウンジよよって提供するサービスは異なります。)
※ご利用当日の搭乗券とアメリカン・エキスプレス・カードを提示して下さい。

アメックスカード会員が利用可能な空港ラウンジ

プライオリティ・パス優待

国内外950ヵ所以上の空港ラウンジを利用できる会員制プログラム『プライオリティ・パス』のスタンダード会員に年会費無料(通常は99米ドル)で登録できます。
さらに、1回27米ドルを要するラウンジ利用料を年間2回まで無料になります。

H.I.S. アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスク

 国内のホテルや旅館、レンタカー、JRチケット、国内外のパッケージツアーやクルーズ、国内線および日本発着の国際線航空券、海外ホテルやレンタカー等の予約を電話1本で承っています。

オーバーシーズ・アシスト

 海外旅行先にて、レストランの予約や緊急時の医療機関の支援などをしてくれるサービス。
 世界中のほとんどの国から24時間通話料無料、日本語で問い合わせることが出来ます。

手荷物無料宅配サービス

 海外旅行への出発時および帰国時に、自宅と空港間を会員1人さまにつきスーツケース1個を無料で配送します。
※対象となる空港は、成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港、羽田空港

無料ポーターサービス

 出発時は空港の駅改札口やバス停からチェックインカウンターまで、帰国時は到着ロビーから駅改札口やバス停まで、専任スタッフが荷物を運んでくれる、アメリカン・エキスプレスならではのきめ細かなサービス。
※対象となる空港は、成田国際空港、関西国際空港。
※ご利用の際は、成田国際空港は前日12:00まで、関西国際空港は前日までに連絡をする必要があります。

空港クロークサービス

 中部国際空港で利用可能な、乗継便の待ち時間等に、空港内手荷物預かり所にて荷物を無料で預かってくれるサービス。
※会員1人につき2個まで無料となります。

プリファード・ゴルフ

 世界70ヵ所以上の提携ホテルに2連泊以上の宿泊で、ホテルが契約するゴルフコースのプレー代が1名様分無料となるプログラムに無料で登録可能(通常年会費245米ドル)

エアポートミール

 メンバーシップ・トラベル・サービスにて国内航空券をご購入いただいた方に、羽田空港および伊丹空港内の対象店舗で利用できるエアポート・ミール・クーポン(1,000円分)を1枚プレゼントします。
※搭乗当日のみ利用可能です。
※対象となるのは、JAL・ANA(いずれもグループ会社を含みます)の羽田空港/伊丹空港発着国内線航空券となります。

タクシー送迎サービス

 海外旅行へ出発する際、帰国した際に、格安の定額料金でタクシー送迎をしてくれるサービス。
 たとえば、羽田空港−東京都中野区で8,000円、成田空港−神奈川県横浜市で20,000円、関西国際空港−兵庫県芦屋市で14,000円などとなっています。
※対象となる空港は成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港、羽田空港国際線となります。
 各空港で利用可能な地域が設定されています。
※年2回までの利用となっています。(片道を1回とします。)

京都特別観光ラウンジ

 豊臣秀吉の冥福を祈るために、秀吉の正室、北政所(ねね)が建立した高台寺。
 その塔頭のひとつ、ねねが晩年を過ごした圓徳院にて、「京都特別観光ラウンジ」を提供しています。
 圓徳院の拝観券売場で、カードをご呈示することで、圓徳院書院・知客寮にてお茶の接待、圓徳院の拝観無料、高台寺、掌美術館の拝観割引を同伴者3名まで利用できるほか、高台寺駐車場1時間無料サービスも付いています。

グルメ・エンターテイメント

ゴールド・ダイニング

 国内外から厳選した約200店のレストランにて、2名様以上で所定のコース料理を予約すると1名分のコース料理が無料になります。

アメリカン・エキスプレス・セレクト

 アメリカン・エキスプレス・セレクトは、世界70ヶ国以上で利用可能なダイニング・ショッピング・トラベルの会員向け特別優待サービス。
 アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードで支払うことで優待割引にて利用できるレストランや居酒屋などの飲食店、ホテルが数多くあります。

ゴールド・ワインクラブ

 毎月、会員誌やウェブサイトにて入手困難な希少価値の高いワインを紹介しています。
 このほかにも、会員様の希望にあったワインを多数用意しており、これらはゴールド・ワインデスクにて電話で購入することが可能です。
 さらに、会員専用の電話窓口であるゴールド・ワインデスクでは、予算に応じたワイン選びの相談や、ワインに関する基本的な知識、専門的な情報まで、ソムリエやバイヤーがお答えします。

アメックスゴールドカード入会キャンペーンのご案内≪スマホ用≫アメックスゴールドのキャンペーン情報
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 年会費本人税抜29,000円+税
家族1人目無料、2人目以降12,000円+税
旅行傷害保険海外最高1億円
国内最高5,000万円
入会基準日本国内に定住所を持ち、25歳以上で定職がある方
カード利用枠個別に設定
国際ブランドamex

アメリカン・エキスプレス・インターナショナル発行のクレジットカード
アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

私も持っています!アメックスゴールド

アメックスゴールドは持っている人が私の周りの経営者に多くて、持っている人が多い故に敬遠していたのですが、初年度年会費無料ということもあって使ってみることにしました。
利用者が多いということは、それだけ「いいクレジットカードだ」と認められていることを指すのですが、なんか希少性に乏しいことに不満!?を持ち、逆に入会するのを控えてました。
これが入会した当時の正直な動機です。
もともとダイナースクラブカードを利用していた自分にとって、それよりも年会費が高く設定されたアメックスゴールドには年会費なりのメリットを感じなかったこともあります。

ただ、ゴールドカードの中では知名度抜群の部類で、「クレジットカードであること自体知らない」と言われた経験も何度かあるダイナースクラブカードと違い、「あっ!アメックスのゴールドカードだ!」と一目で気づいてくれる方も少なくありません。

私が入会するちょっと前までは年会費26,000円だったのですが、入会当時は29,000円にアップした頃。
これだけを見ると高いのですが、年会費アップに伴い、家族会員の年会費が無料になったこと、自分がよく利用する「2人で予約したら1人分のコース料理が無料になるサービス」が付帯したことが入会の決め手となりました。
それだったら、年会費の元を取ることができるかな、と。

アメックスゴールドの写真

国内での利便性は申し分なし

アメックスブランドのクレジットカードを持つのは、クレディセゾンやMUFGカードなども含めて初めてでした。
日本に入ってきた頃(かなり前の話ですが・・。)は、当然、利用できるお店も少なかったのですが、アメックスがJCBと加盟店の提携をした結果、JCBブランドの使えるお店でアメックスも使える、といったケースが急増。
いまでは、Visaに引けを取らないくらい日本国内での利便性は向上しており、アメックスカードでの支払いに困ったことはほぼありません。
古い人間である私にとっては、いい意味で裏切られた点のひとつです。

実際にアメックスゴールドを使ってみて

さて、アメックスゴールドは私の周りでも評価が高いのですが、入会して1年で「なるほど」と感じました。

このカードはポイント還元率は0.3%と高くないので、ポイント重視派には不向きです。
他のカード会社のようなポイントがアップする会員専用のインターネットショッピングモールはありませんし、ANAのマイレージに移行する場合は年間5,000円(税別)の参加登録料が発生します。
少しでもポイント還元率を上げようと思ったら年間3,000円(税別)の「メンバーシップ・リワード・プラス」に登録し、貯めたポイントをANA以外の提携航空パートナーのマイレージプログラムへ1,000ポイント=1,000マイルで移行するか、「アメリカン・エキスプレス・トラベル オンライン」を通じて旅行代金(各社航空券やパッケージツアー、国内宿泊)に1ポイント=1円として充当させるのがベスト。
言い換えれば、旅行に興味が無い方にはアメックスゴールドのメリットが半減どころか、ほとんど感じないでしょう。

旅行以外での特典ですが、キャッシュバックとかボーナスポイントを受け取れる案内がときどき届くんですよね。
条件をクリアすることが前提なんですが、たとえば対象のオンラインショップ(ニトリ・ビックカメラ・ヨドバシカメラ・オートバックスなど)で5,000円以上の買い物で1店舗につき1,000円キャッシュバックとか、ハードルはそんなに高くない。
利用するつもりのないお店も対象店舗に含まれるので5,000円以上キャッシュバックを受ける方は稀のように思いますが、2,000~3,000円なら誰でももらえるように思います。
リボ払い利用で〇○円キャッシュバックなんてキャンペーンは他社で見かけますが、アメックスゴールドのような案内は届いたことがほぼないですよね。
このコンスタントに開催されるキャンペーンを利用すれば、実質的な年会費は少し抑えられると思います。

そのほか、グルメに関する優待サービスも結構ありますね。
1人分のコース料理が無料になる「ゴールド・ダイニング by 招待日和」では計2回で22,000円の食事が無料になり、年会費の大半を回収いたしました。
ダイニングに関する優待プログラムは複数あって、食事の10%~20%割引になったり、おすすめの一品をサービスしてくれたりと、対象店舗は全国に数百店と豊富。
ぐるなびなどの他のクーポンを利用するよりも割引率が高いお店が結構あるので、食べ歩くのが好きな方やお酒好きには嬉しい優待サービスです。
このほか、会員限定イベントとしてミシュランガイドに載る有名飲食店のシェフの料理を食するなんてのもあります。

唯一、他社にあってアメックスゴールドに無いものといえば、毎月の会員誌でしょうか。
通常、ゴールドカードとなると会員誌が送られてきます。ファッションや旅行記、こだわりの料理などの紹介のほか、会員向けの各種優待サービスやパッケージツアーなどが盛り込まれています。
「この服いいなぁ」とか「今度ここに旅行へ行ってみようかな」とか、自身の日常を充実させるためのヒントになるような記事があって、個人的には会員誌が好き。
キャンペーンや優待プログラムの案内も紙面で見るのは、ネットで調べるよりも素早く情報が伝わることが多く、私自身は会員誌の発行を望んでいます。


ということで、このアメックスゴールドは使い方次第で年会費の割高感を感じさせない1枚となります。
私自身はポイントを貯めるためには使用しておらず、付帯する優待サービス目当てに利用しています。
ポイント分の見返りを考慮しなくても、ゴールド会員向けの優待割引だけで年会費を超える恩恵を受けています。

ただ、旅行に行かないしゴルフはやらない、外食をしたり外でお酒を飲むことも無い、という方は別のゴールドカードを検討するのが最善かと思います。


ちなみに、ウェブの管理画面はこんな感じです。

アメックスのウェブ管理画面

PAGE TOP

Copyright(c) 2012-2017 ゴールドカード・ウェブ[GoldCard WEB] All Rights Reserved.