menu
コンテンツのトップイメージ
  • HOME
  • >
  • コストパフォーマンスが高いゴールドカード
カード会社とのタイアップキャンペーン

コストパフォーマンスは、ゴールドカード選びの重要な要素

 どんな商品、サービスにも言えますが、消費者が商品やサービスを選ぶ際、「コストパフォーマンス」というのは重要な要素となります。
 これは、ゴールドカードにも当てはめることができ、会員向けサービス・優待特典に年会費相当以上の“お得さ”を感じることができれば、コストパフォーマンスの高いゴールドカードと見なせます。

 このページでは、「年会費の絶対的な安さ」ではなく、コストパフォーマンスを重視した場合に、どのようなゴールドカードが候補に挙がってくるのか、まとめてみます。

ゴールドカード史上最安!年会費1,905円(税抜き)

 まず紹介するのがMUFGカード・アメリカン・エキスプレス・カード。

 年会費は破格の1,905円(税抜き)。

 空港ラウンジが成田や羽田など一部の空港で、しかも国際線利用時にしか利用できないなどの制約がありますが、ゴールドカードを持っていても空港ラウンジを利用しない方って少なくないんですよね。
 あってもなくても問題なし!という方なら最適な一枚!
 利用限度額は最大200万円とステータスカードらしく、会員からのお問い合わせを24時間年中無休で受付けるコールセンターも用意。

 このカードのシリーズには、Visa・MasterCard・JCBブランドも用意されていますが、選ぶならAMEX。
 ポイントが他ブランドに比べて非常に貯まりやすく、アメックス会員が利用できる豊富な優待特典が付帯しているなど、この年会費の安さでこれだけ中身が詰まっていれば文句なし!
 審査のハードルが低いのも大きな魅力で、若い方やゴールドを初めて持つ方に最適な選択肢となるでしょう。

MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード
MUFGカード ゴールド アメックス券面画像 年会費本人税抜1,905円+税 ※初年度無料
家族1人目無料、2人目以降、税抜400円+税
旅行傷害保険海外最高2,000万円
次年度以降はカード利用額に応じて
100万円または2,000万円
国内最高2,000万円
入会基準原則として18歳以上で、ご本人または配偶者に
安定した収入のある方(学生不可)
※未成年の方のお申込みには、親権者の同意が必要です。
カード利用枠10〜200万円
国際ブランドamex
MUFGカード ゴールドのアメックスブランド。
初年度は1.5倍、海外での利用は2.0倍のポイントが付くため、ポイント還元率にこだわるならこちらがお得。国際線利用時にしか空港ラウンジサービスを利用できない点に注意が必要です。

スタンダードタイプのゴールドカードが年会費4,000円(税抜き)

 次に紹介するのが、三井住友VISAゴールドカード。
 年会費は10,000円(税抜き)ですが、カード利用明細書の郵送を止めてウェブから確認する方法にし、マイペイすリボへ登録すれば永久に年会費4,000円(税抜き)へと割り引かれます。
 マイペイすリボとは、自分自身で毎月の支払額の上限を自由に決められるリボ払いのことで、仮に10万円に設定した場合、それ以上の支払いは翌月へ繰越されるというもの。
 しかし、例えば100万円の利用限度額の方なら、毎月の支払上限額を1,000,000円に設定すれば事実上一括払い専用のゴールドカードとなります。

主な会員特典としては、
○国内主要空港のラウンジを無料で利用できる「空港ラウンジサービス」。
○医師・看護師・保健師への24時間・年中無休の無料電話相談「ドクターコール24」
○最高5,000万円まで補償する国内・海外旅行傷害保険
○世界100以上のブランド正規商品を扱うファッションサイト「プレミアムブランドアベニュー」で優待割引
などが挙げられます。

 これで4,000円(税抜き)の年会費は非常にお得です。
 また、三井住友カードはユニバーサル・スタジオ・ジャパンのオフィシャルカードなので、スタジオ・パス(1日券)をいつでも優待割引で購入できる特典もあります。

三井住友VISAゴールドカード
三井住友VISAゴールドカード 年会費本人税抜10,000円+税 ※初年度無料
次年度以降4,000円(税抜き)に優待割引
家族1名無料、2人目から、税抜1,000円+税
旅行傷害保険海外最高5,000万円
国内最高5,000万円
入会基準原則として、満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方
カード利用枠50〜200万円
国際ブランドvisaMasterCard

三井住友ゴールドカードなら最短3営業日発行

会員特典が豊富

 セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは、豊富な優待特典が魅力のゴールドカード。
 星野リゾートをはじめとする国内のホテル・旅館の優待割引は、超有名なホテルも数多く対象となっています。
 そのほか、健康志向が高い方におすすめのコナミスポーツクラブ優待、ビジネスマンに嬉しいリージャスビジネスラウンジサービス、女性に嬉しいヘアサロン「Ash」優待やエステサロン「エルセーヌ」優待、全国の対象飲食店での優待割引特典は多数。
 他の大手カード会社が発行するゴールドカードより、はるかに多い優待特典を備えています。

 また、ポイントの貯まりやすさも魅力でジェーシービーや三井住友カード、三菱UFJニコスなど大手のスタンダードゴールドと比べて1.5倍貯まるので、かなりお得。
 年会費は10,000円(税抜き)と、ゴールドカードの中では最も多い価格帯ですが、最有力候補に挙がるカードです。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレスカード券面画像 年会費本人税抜10,000円+税 ※初年度無料
家族税抜1,000円+税
旅行傷害保険海外最高5,000万円
国内最高5,000万円
入会基準25歳以上 年収400万円以上
カード利用枠85〜125万円
国際ブランドamex

贅を楽しむ人なら年会費以上の価値あり!


 続いて紹介するのが、ステータス性の高さと質の高い優待特典から富裕層に人気のダイナースクラブカード。

 このカードは、年会費が22,000円(税抜き)と一般的なゴールドカードと比べると高めですが、グルメ・トラベル・エンターテイメントの優待特典が充実し、年会費以上の価値を感じる方も少なくないと思われます。


 主な特典としては、

○国内はもとより海外主要空港の空港ラウンジも利用可能
○一見さんお断りの高級料亭を予約してもらえる。
○全国の名高い対象飲食店で、2名以上でコース料理を予約すると1名分が無料
○全国のコナミスポーツクラブを優待割引で利用できる。
○全国の有名ホテル・旅館で宿泊料割引や客室のアップグレードなどの優待特典
○海外旅行の際に空港前泊・空港送迎タクシーの優待特典(条件有)

 など、書き切れないほど、会員サービス・優待特典が充実しています。

 日ごろから贅を楽しむ方にとっては、安い年会費に映るのではないでしょうか。

ダイナースクラブカード
ダイナースクラブカード 年会費本人税抜22,000円+税
家族税抜5,000円+税
旅行傷害保険海外最高1億円
国内最高1億円
入会基準年齢27歳以上の方
カード利用枠一律の制限なし
国際ブランドdiners
ゴールドカードのおすすめコンテンツのご案内 ≪スマホ用≫ゴールドカードの選び方
ゴールドカードの選び方
ゴールドカードの年収条件
優待特典・サービスからゴールドカードを選ぶ
ステータス重視でカードを選ぶ

PAGE TOP

Copyright(c) 2012-2017 ゴールドカード・ウェブ[GoldCard WEB] All Rights Reserved.