menu
コンテンツのトップイメージ
  • HOME
  • >
  • ゴールドカードの入会に必要な年収は?
ダイナースクラブカードキャンペーン情報

気になる審査上の年収条件は?

 ゴールドカードの入会申込みに先立ち、気になるのが年収条件。
 以前は年収条件を明確に示すカード会社が多かったのですが、現在では多くのゴールドカードが年収を明確に示していません。

 では、いったいどのくらいの年収があればゴールドカードへの入会基準を満たすのでしょうか?

格安年会費タイプのゴールドカードなら年収200万円以上

 以前はゴールドカードと言えば、年会費1万円程度が当たり前でしたが、今はさまざまなニーズに応えるべく格安の年会費に設定されたゴールドも多く出回っています。
 年会費1,905円(税抜き)という、ほとんど一般カードと変わらないような年会費のゴールドもあり、こういった格安ゴールドは一般カードとほぼ審査基準が変わらないのが通説になっています。

 たとえば、以下のゴールドカードをご覧ください。

カード名称 年会費 入会基準
MUFGカードゴールド
MUFGカードゴールド券面画像
1,905円+税 高校生を除く18歳以上で電話連絡が可能な方
セディナカードゴールド
セディナカードゴールド券面画像
1,905円+税 高校生を除く18歳以上で電話連絡が可能な方

 これらのカードは、年収の基準を明確に記していませんが、「高校生を除く18歳以上」とあります。
 18歳の方が、年収400〜500万円あるかといえば、ほぼNO!でしょう。
 普通に考えたら200万円台。
 それ以下の収入の方も少なくないでしょう。

 しかも、上表のカードは、どちらも利用限度額が10万円からとなっているのです。
 10万円といったら、一般のクレジットカードと変わりません。
(このページで後述するオリコカード ザ ワールドも10万円~となっています。)

 ここから察することができるのは、これらのゴールドカードは、一般のクレジットカードと審査のハードルが変わらないレベルではないか?ということです。
 低年収の方に対しては、利用限度額を低く設定すればカード会社としても大きなリスクとはなりません。

 さらに、三井住友トラストクラブ株式会社が発行する以下の格安年会費のステータスカードは、「年収200万円以上」との記載があります。
 これらを総合的に判断すると、こういった年会費が格安のゴールドカードは、「年収200万円以上」が一つの目安になるのではないかと思われます。

カード名称 年会費 入会基準
SuMi TRUST CLUB リワード® カード
SuMi TRUST CLUB リワードカード券面画像
3,000円+税 22歳以上 年収200万円以上
SuMi TRUST CLUB エリートカード
SuMi TRUST CLUB エリートカード券面画像
3,000円+税 22歳以上年収200万円以上




スタンダードタイプなら年収400〜500万円以上

 では、年会費1万円程度のスタンダードタイプのゴールドカードはどうでしょうか?

 今現在、入会基準に明確な年収条件を記載しているゴールドカードをピックアップしてみると、以下のように記しています。

カード名称 年会費 入会基準
セゾンゴールド・アメリカン・
エキスプレス・カード
セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード券面画像
10,000円+税 25歳以上 年収400万円以上
SuMi TRUST CLUB ゴールドカード
SuMi TRUST CLUB ゴールドカード券面画像
12,000円+税 25歳以上 年収400万円以上
セディナカードAXU
セディナカードAXU券面画像
10,000円+税 原則として、満30歳以上、
年収500万円以上で勤続5年以上の方
※現在は新規受付停止中
セディナカードプレミアム
セディナカード プレミアム券面画像
10,000円+税 原則として、満30歳以上、
年収500万円以上で勤続5年以上の方
※現在は新規受付停止中

 上表のように、年収400〜500万円くらいがボーダーラインと見てとれます。

 安全側に見て500万円と捉えるのもいいでしょう。

 しかし、以前は大手クレジットカード会社でも“年収500万円以上”との記載が主流でしたが、それを取り消し、「安定継続収入」のような表現に変えました。
 ちょうど景気が減速し、年収が伸びない or 下がるのが“当たり前”であった時期です。
 ということは、年収400万円台であっても申込み可能であると考えられます。

 もちろん、年収が高いに越したことは無いですが、曖昧な入会基準としているゴールドカードなら、一つの目安として「年収400万円以上」と考えていいのではないかと思われます。



三井住友ゴールドカードなら最短3営業日発行

スタンダードゴールドでも審査のハードルが低い!?

 ただし、オリコが発行するスタンダードゴールド【Orico Card THE WORLD】は、審査のハードルが高くないと推測されます。

 理由は、ショッピングの利用限度額が10~300万円と、下限値が極端に小さいため。
 新しいカードであることからも、会員数を増やしたい思惑もあるかもしれません。
 下限値が10万円といったら、冒頭の格安ゴールドであるMUFGカードと同レベルです。もしかしたら、一般カード並みの審査かも知れません。
 年収に不安がある方は、申込んでみる価値が大きな1枚です。

 まぁ、それはそうと、このゴールドカード、実はかなりおすすめです。

 まず、ポイント還元率が国内で1%とゴールドカードの中で最高水準。
 加えて、電子マネーiDとQUICPayをダブルで搭載するという異例のクレジットカードで、利便性は抜群。
 海外のみのサービスではありますがゴールドなのにコンシェルジェサービスも付帯し、海外渡航の際には自宅から空港まで手荷物を1個無料で宅配してくれるサービスも付帯。
 ゴールド以上のサービスを提供することから、ワンランク上のプラチナカードで多く採用されている“黒”を基調としたデザインにしたように思われます。
 JAL・ANAどちらのマイルへもポイントを手数料無料で移行できる点もメリットで、
実用的で価値あるゴールドカードをお探しの方へ最適な選択肢となります。

カード名称 年会費 入会基準
オリコカード ザ ワールド
オリコカード ザ ワールド
9,800円(税込) 原則として年齢20歳以上 安定した収入がある方

 なお、補足しますが、このページでは「年収」に焦点を当ててまとめました。
 審査の項目は年収だけではなく、住居形態や勤続年数などの属性も絡んできます。
 たとえ年収が500万円以上であっても、必ずしも審査に通るとは限らないことを付け加えさせて頂きます。

ゴールドカードの選び方
年会費からゴールドカードを選ぶ
年齢基準からゴールドカードを選ぶ
付帯サービス・優待特典から選ぶ

PAGE TOP

Copyright(c) 2012-2017 ゴールドカード・ウェブ[GoldCard WEB] All Rights Reserved.