menu
コンテンツのトップイメージ
  • HOME
  • >
  • ステータス性重視でゴールドカードを選ぶ

ゴールドカードのステータス性に違いがある!?

エグゼクティブイメージ パリの凱旋門

 一概に“ゴールドカード”といってもステータス性に違いがあります。
 近年登場し始めた年会費2,000円のゴールドカードは、年会費1万円のゴールドカードと比べて補償や会員特典の質が違いますし、入会しやすい分、ステータス性が高いとは言えません。

 また、年会費1万円程度のスタンダードタイプのゴールドカードも、以前と比べて入会のハードルが低くなり、比較的入手しやすくなりました。
 年収300万円台でもゴールドカードに入会した人は、珍しくありません。
 ゴールドカードが持つ“プレミアム感”は、間違いなく一昔前よりも薄らいでいます。

 となると、ステータス性にこだわる方、高年収の方が“普通”のゴールドカードに入会したのでは、後々、なんかシックリこない心境に陥るわけです。
 小さな会社であっても社長さんは高確率でゴールドカードを保有しているし、中小企業の課長さん、係長さんなんかでも持っていたりするのは珍しくありません。

 では、“ステータス性が高いゴールドカード”を手に入れたい方は、どのカードが望ましいのでしょうか?

 個人的には、以下に示すような大きく3つの選び方があると思われます。

ダイナースクラブカードと
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

 芸能人やスポーツ選手、医師、弁護士さんなどに人気で、世界的にも「ステータス性が高いクレジットカード」として認知されているのが、ダイナースクラブカード(年会費22,000円(税抜き)とアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(年会費29,000円(税抜き))の2枚。

 最近、テレビや雑誌で、大企業の社長や、芸能人等の「財布の中身」を拝見する企画がありますが、人一倍お金を稼いでいらっしゃる方の財布には高確率でダイナースクラブカードやアメリカン・エキスプレス・カード(グリーン・ゴールド)若しくはそれらの上位グレードとなる、ダイナースクラブプレミアムカードやアメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードが入っています。

ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカード券面画像

 まずダイナースクラブカードですが、世界で初めてカード型のクレジットカードを世に送り出したとされます。
 VISAやMasterCardなど他の国際ブランドのように、年会費無料などの“クラシックカード”が存在せず、一番下のグレードでも年会費は2万円を超えており、これもステータス性の高さに一役買っています。

 入会審査のハードルが一般的なゴールドカードより高く、誰でも入会できるワケではない故に、価値があると捉えている人も少なくありません。
 また、ダイナースクラブカードの上にはインビテーションが届いた人しか入会が許されない、ダイナースプレミアムカード(年会費130,000円(税抜き))が存在し、このカード欲しさにダイナースクラブカードへ入会する方もいます。

 補償は充実、会員向けのサービスも上質で、総合的に考えると、年会費22,000円(税抜き)は非常にお得。そもそも「ゴールドカード」というカテゴリに入れていいのか、悩むクレジットカードです。
 通常、プラチナカードにしか付帯していないサービスもいくつかあり、とくに2名以上でコース料理を予約すれば1名分の食事が無料になる「エグゼクティブ ダイニング」は、全国の美味しい飲食店がラインナップしていて、1人1〜2万円のコース料理が沢山。このサービスを2回利用すれば、美味しい料理に自分も同席者も大満足、それでいて年会費をほぼ回収する“お得”を手に入れることができちゃうので、コストパフォーマンスが非常に高いクレジットカードであると断言できます。

 国内外の有名ホテル・旅館の客室アップグレード特典などもあり、トラベル&ダイニングに強いステータスカードです。

ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカード
ダイナースクラブカード 年会費本人税抜22,000円+税
家族税抜5,000円+税
旅行傷害保険海外最高1億円まで
国内最高1億円まで
入会基準年齢27歳以上の方
カード利用枠一律の制限なし
国際ブランドdiners

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメックス・ゴールド券面画像

 対するアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、そもそも年会費が29,000円(税抜き)と一般的なゴールドカードの倍以上の設定。
 年会費2万円程度のプラチナカードも複数あるクレジットカード市場で、それらを上回る年会費設定となっています。

 ダイナースクラブ同様、カードの発行会社である“アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド”がクラシックカードを取扱っておらず、最低でもアメリカン・エキスプレス・カード(通称グリーンカード:年会費12,000円(税抜き)からの入会受付となっています。
 アメリカン・エキスプレス・カードのカラーは“グリーン”でも中身は他社のゴールドカード級。

 その上に位置するアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、当然ながら通常のゴールドカードとは格が全く異なるワケです。
 アメリカのアメリカン・エキスプレスは金融業以外に旅行業をも手掛けるグローバル企業で、このカードの強みはズバリ“旅行に強いこと!”出張も含めて旅行に行く機会が多い方なら、様々なシーンで旅のサポートや優待割引を受けられるでしょう。

 日本で初めてゴールドカードを発行したことでも有名で、ダイナースクラブカード同様、歴史的な歩みも人気を呼んでいる理由の一つかもしれません。
 さらに、アメックスにはプラチナカードも存在し、年会費は130,000円(税抜き)。今では大手クレジットカード会社でプラチナカードを発行していますが、富裕層の中では一番人気が高いプラチナカードです。

 さらに!その上には年会費350,000円(税抜き)のブラックを基調とした「センチュリオン・カード」が存在し、入会へのハードルは極めて高く、富裕層の中の富裕層しかインビテーション(招待状)が届かないこともあって、センチュリオン・カードを目指してアメックス・ゴールドへ入会する方も中にはいます。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 年会費本人税抜29,000円+税
家族1人目無料、2人目以降12,000円+税
旅行傷害保険海外最高1億円
国内最高5,000万円
入会基準日本国内に定住所を持ち、25歳以上で定職がある方
カード利用枠個別に設定
国際ブランドamex

アメックスゴールドのメリットとデメリットのバナー

プラチナカードの取得まで見据えてカードを作る

 ステータス性にこだわるなら、将来的にプラチナカードへ入会することを見据えて、ゴールドカードへ入会するのも一つの手です。
 上記のダイナースクラブカードやアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、他社のプラチナカードの2倍以上に年会費を設定した上位カード、ダイナースプレミアムカード(年会費130,000円(税抜き))と、アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード(年会費130,000円(税抜き))を用意しています。

 いずれも、プラチナカードの中では群を抜いてステータスが高いカードですが、年会費の高さをネックに感じる方も少なくないでしょう。

 では、そのほかのプラチナカードでは、どんなカードが人気なのか?というと、
 真っ先に上がるのがJCBザ・クラス(JCB THE CLASS)で年会費50,000円(税抜き)。

 国内最大規模の加盟店を誇るため利便性が高いほか、インビテーション制(招待制)を採用しておりプレミアム感が高い、毎年会員特典を利用して東京ディズニーリゾートのパークチケット4枚つづりをもらえる、日本のカード会社らしくコンシェルジェサービスの対応がきめ細やかなど、人気を集めやすい条件が整っています。
 取得までに時間がかかりますので、「いずれはプラチナカードを!」とお考えの方は、JCBゴールドへの入会も検討の候補に挙げると良いでしょう。

JCBゴールド

JCBゴールド
JCBゴールドカード 年会費本人税抜10,000円+税 ※初年度無料
家族1名無料、2人目以降、税抜1,000円+税
旅行傷害保険海外最高1億円
国内最高5,000万円
入会基準原則として20歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方。
※学生の方は申込み不可
カード利用枠個別に設定
国際ブランドJCB

新規にプラチナカードを取得する

 ステータス性を重視する方がとる行動のひとつに、ゴールドカードではなく、プラチナカードへ入会を申込む方法が挙げられます。

 プラチナカードというと、以前はゴールドカード会員の中から、カード発行会社が独自の基準で選定した人へインビテーション(招待)を送り、そこから入会への手続きとなるのが一般的でした。
 しかし、現在はカード会員ではなくても、新規にプラチナカードへの入会を受付けているカード会社が増えてきました。
 カード発行会社としても、富裕層を出来るだけ囲い込みたいと言う思惑があるのかもしれません。

 現在新規に会員を募集しているのは、三井住友プラチナカード(年会費50,000円(税抜き))、SuMi TRUST CLUB プラチナカード(年会費35,000円(税抜き))、MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード(年会費20,000円(税抜き))の3枚。

 いずれも特色があり、一概にどのプラチナカードがおすすめか伝えにくいですが、年会費と会員特典のバランスを考えたコストパフォーマンス重視では「MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」が個人的におすすめです。
 発行元の三菱UFJニコスでは、このプラチナカード会員からの声に常に耳を傾け、定期的にサービス内容を見直し・拡充しており、こういった企業姿勢にも好感が持てます。
 JALをよく利用する方なら、三菱UFJニコスとジャルカードが提携した、JALカード プラチナ(年会費31,000円:税抜き)の選択もいいでしょう。
 マイルの貯まりやすさとMUFGカード・プラチナ・アメックスの豊富な会員特典が合体した、魅力あふれるステータスカードです。

 三井住友プラチナカードは、ポイント還元率が高く、最低でも年間300〜400万円程度はカードショッピングの利用がある方に適しています。
 ただし、審査のハードルがかなり高いので年収500~700万程度の方であれば、三井住友VISAゴールドカードへ入会し、実績を積んでプラチナカードのインビテーションが届くのを待つのが最善です。

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

JALカード プラチナ

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード券面画像 年会費本人税抜20,000円+税
家族1人目無料、2人目以降、税抜3,000円+税
旅行傷害保険海外最高1億円まで
国内最高5,000万円まで
入会基準原則として20歳以上で、ご本人に安定した収入のある方
カード利用枠50〜500万円
国際ブランドamex

三井住友ゴールドカードなら最短3営業日発行

PAGE TOP

Copyright(c) 2012-2017 ゴールドカード・ウェブ[GoldCard WEB] All Rights Reserved.