menu
ANAダイナースカード トップ画像

ANAダイナースカード

ANAダイナースカード
ANAダイナースカード 年会費本人税抜27,000円+税
家族6,600円(税込)
旅行傷害保険海外最高1億円まで
国内最高1億円まで
入会基準年齢27歳以上の方
カード利用枠一律の制限なし
国際ブランドdiners

こんな方に最適!ANAダイナースカードの総評

 ANAはもちろん、スターアライアンス加盟航空会社を含めた提携航空会社のフライトでマイルが貯まるダイナースクラブカード。
年会費は27,000円+税で「ANAワイドゴールドカード(本人年会費15,400円(税込))」より高く設定されていますが、ダイナースクラブ会員ならではの質の高いサービスや会員向け優待サービスが付いていて、総合的に判断すると「ANAダイナースカード」の方がコストパフォーマンスが高いと感じます。

たとえば、空港ラウンジは国内はもとより海外主要空港にも用意されている“クラブラウンジ”があり、ダイナースクラブ会員なら無料で利用できます。
クラブラウンジは国内外に850ヵ所以上あるので、旅行や出張に行く機会が多い方にメリットをもたらします。

グルメ関連では対象レストランで2名様以上でコース料理を予約すれば1名分が無料になる“エグゼクティブ ダイニング”(6名以上なら2名様分が無料)など、数回利用すれば年会費のもとが取れてしまうダイナースならではの魅力的な特典付き。
ほかにも、一見さんお断りの老舗料亭を利用できるなど、質の高いサービスが多数用意されています。

ショッピングでは100円=1ポイントが貯まり、これは1マイルに相当。
貯めたポイントに有効期限が無く、いつでも手数料無料でマイルに交換できるのもANAダイナースカードの魅力。
ダイナースクラブカード(年会費22,000円)は「年間4万マイルまで」との制約がありますが、ANAダイナースカードには年間の移行上限が設けられていません。

このほか、ANAダイナースカードに入会し、利用実績を積み上げればステータス性が極めて高い“ANA ダイナース プレミアムカード”または“ANA ダイナース スーパーフライヤーズ プレミアムカード”(いずれも年会費155,000円(税抜き))へのインビテーションが届く可能性もあり、将来的にプラチナカードの取得を希望している方におすすめです。
“ANA ダイナース プレミアムカード”、“ANA ダイナース スーパーフライヤーズ プレミアムカード”ともにANAカードの中で最高位に位置するプレミアムカードで、限られた方しか入会を認められません。

マイルについて

ショッピングマイル

 カードの利用100円ごとに1ダイナースクラブ リワードポイント(1マイル相当)が貯まります。
貯めたポイントに有効期限が無く、いつでも手数料無料でマイルに移行することが出来ます。
また、ANAカードマイルプラス提携店・対象商品では、前述のポイントとは別に100円または200円につき1マイルが貯まります。

フライトボーナスマイル

ANAグループ便はもちろん、スターアライアンス加盟航空会社を含めた提携航空会社のフライトでマイルが貯まります。ボーナスマイルは以下を用意しています。

項目 ボーナスマイル
ご入会ボーナス 2,000マイル
ご継続ボーナス 2,000マイル
ご搭乗ごとのボーナス 「区間基本マイレージ」×「クラス運賃倍率」×25%

Edyチャージでマイルが貯まる

電子マネーEdyにANAダイナースカードでチャージすると、200円につき1マイルが自動で積算されます。
※ダイナースクラブ リワードポイントは付与されません。

ショッピングモール

「ダイナースクラブ オンラインショッピングモール」では、通常の数倍のポイントUP!またはキャッシュバックのどちらかを選択できるようになっており、お得にショッピングを楽しめます。
 モールには伊勢丹、高島屋、大丸松坂屋、ビックカメラ、Apple Store、紀伊國屋書店、BrooksBrothers、EDWINなど、有名ショップが多数参加しています。

マイルの使い道

貯めたマイルはANA国内線・ANA国際線特典航空券、ANA国際線アップグレード特典、ANA SKY コインなどに交換することが出来ます。
また、貯めたポイントはマイルに移行せずにダイナースクラブが厳選した商品と交換することも可能。

各種付帯保険

旅行傷害保険

 カードで旅費や交通費等を支払った場合に最高1億円まで補償する海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険を付帯しています。
 海外、国内旅行共にカードでの支払いが無くても最高5,000万円まで補償します。

動産総合保険

国内・海外を問わず、ダイナースクラブカードでお買い上げ頂いた商品が破損、盗難、火災等の偶然な事故により被害を被った場合、年間最高500万円まで補償するショッピング・リカバリー(動産総合保険)が付帯されています。
補償期間は商品の購入日より90日間となっており、自己負担額は1万円となっています。

旅行

空港ラウンジサービス

ANAダイナースカードと当日の搭乗券を提示することで、国内主要空港はもちろん海外主要空港(アジア、北・南アメリカ、ヨーロッパ、アフリカ、オセアニア)のラウンジ(850ヵ所以上)を無料で利用することが出来ます。

トラベルデスク

国内・海外旅行のパッケージツアーや宿泊、航空券の手配や相談などを電話にて受付。
お得な割引料金にて購入可能なツアーやホテル・航空券なども用意しています。

空港送迎タクシー・サービス

海外旅行の際、トラベルデスクにて1回の購入金額が50万円以上の海外パッケージツアー、日本初の海外航空券をご成約した場合に、空港までのタクシー送迎を片道無料または一部負担にて手配してくれます。
※対象となる空港は、成田空港(第1・第2ターミナル)、関西国際空港、中部国際空港、羽田空港国際線ターミナルで、送迎の対象となる地域に制限があります。

レンタカー

ハーツレンタカーを基本料金から5〜20%割引または特別料金にて利用可能。
※適用対象となる地域などご利用条件がありますので、申込み時にご確認願います。
日本国内では、タイムズレンタカーを5%OFFで利用できます。

国内/海外トラベルデスク

海外トラベルデスクでは、都市や交通機関、フライト等の案内、ホテルやレストラン、イベント、エンターテイメント等の案内・予約、交通の予約などを承っています。
また、カードやパスポートの紛失・盗難時の手続きの案内や、万一の事故やトラブル時のアドバイス、日本語が可能な医師や医療施設の紹介なども行っており、様々な場面でサポートしてくれます。

また、国内トラベルデスクもありますので、旅行はもちろん、交通や宿泊等の相談や手配も対応してくれます。

グルメ

エグゼクティブ ダイニング

全国の対象レストランで、ダイナースクラブ会員を含む2名以上で所定のコース料理を頼むと1名分の料金が無料。
さらに6名以上なら2名分の料金が無料になるサービスです。

料亭プラン

予約が難しいとされる高級料亭をダイナースクラブが会員にかわって予約してくれるサービス。
一見さんお断りの老舗で、優雅なひと時を送ったり、お得先への接待にも利用できる嬉しい特典です。

サイレンス・スタイル

クレジットカードの常識、先入観を覆すダイナースクラブならではの特典が「ダイナースクラブ サイレンス・スタイル」
専用デスクにてお食事の予約をすれば、お食事の後にサインをしたりカードを提示したりする必要はありません。
それどころか、カード会員本人がその場に居なくても支払いを済ませることが出来るので、大切な方々へのプレゼントなどにもご利用できます。
※2019年10月1日より「スムーズ ダイニング」という名称にて、サービスが生まれ変わります。

その他

健康サービス

優待料金で利用できる「人間ドックサービス」や、体調不良や近頃気になっている健康面での相談などを専門アドバイザーが24時間・年中無休で電話で承ってくれる「健康相談・医療機関情報サービス」などのサービスを行っています。

コナミスポーツクラブ優待

全国に展開するコナミスポーツクラブを優待料金で利用できます。
利用頻度に応じて、“都度利用制”、“月会費制”を選択できるのも嬉しいです。

ANAダイナースカード
ANAダイナースカード 年会費本人税抜27,000円+税
家族6,600円(税込)
旅行傷害保険海外最高1億円まで
国内最高1億円まで
入会基準年齢27歳以上の方
カード利用枠一律の制限なし
国際ブランドdiners

ダイナースクラブカードの種類
ダイナースクラブカード

PAGE TOP

Copyright(c) 2012- ゴールドカード・ウェブ[GoldCard WEB] All Rights Reserved.