menu
ダイナースクラブカード ページトップの画像≪スマホ用≫ダイナースクラブカード ページトップの画像

ダイナースクラブカードの特典・サービスについて

ダイナースクラブカード
ダイナースクラブカード 年会費本人税抜22,000円+税
家族税抜5,000円+税
旅行傷害保険海外最高1億円まで
国内最高1億円まで
入会基準年齢27歳以上の方
カード利用枠一律の制限なし
国際ブランドdiners

こんな方に最適!ダイナースクラブカードの総評

ダイナースキャッシュバックキャンペーン

 ダイナースクラブカードは1960年に日本で初めて発行されたクレジットカードで、プレミアム性を重要視する方に人気のクレジットカード。
 年会費は22,000円(税抜き)と一般的なゴールドカードと比べると割高ですが、使える特典、質の高い特典が多数用意され、総合的に考えるとコストパフォーマンスが非常に高いというのが個人的な感想。
 2名以上で利用すれば1名分が無料になる「エグゼクティブ ダイニング」では10,000円〜20,000円のコース料理が多く、2回利用すれば年会費分は元が取れちゃう計算になります。
 しかも、どれも美味しい名店ばかり。

 そのほか、一見さんお断りの料亭をダイナースクラブが会員に代わって予約してくれるなど、とくに“グルメ系”に質の高いサービスが目立ちます。

 空港ラウンジサービスはダイナースクラブ独自のサービスとなっており、国内主要空港はもちろん海外の主要空港のラウンジも無料で利用可能で、ビジネスで海外へ行くことが多い方にも嬉しい特典。
 カードの利用で貯めたポイントは有効期限が無く、航空会社6社のマイレージプログラムへ移行することも可能なので、航空機をよく利用される方にも恩恵が高いと言えます。

 また、ダイナースクラブカードを申込む方はステイタス性を求める方が多く、ダイナース・プレミアムカードの取得を視野に入れ入会される方も少なくありません。
 ダイナース・プレミアムカードはインビテーションが届いた方に入会が許されるカードで年会費は13万円(税抜き)と高いですが、より高いプレミアム性を求める方は、まずはダイナースクラブカードに入会して利用実績を積み上げてはいかがでしょうか?



筆者もダイナースクラブカード会員です!

ダイナースクラブカードのメリットについて語る

ダイナースクラブカードの審査について

 ダイナースクラブカードは、年会費および特典内容から判断してもゴールドカードよりも明らかに1〜2ランク上のクレジットカード。
 カード利用可能枠は一律の制限が設定されておらず、高額商品の購入も可能です。
 このため、他社のスタンダードタイプのゴールドカードと比較しても、審査のハードルは高めに設定されています。
 目安は年収500万円ですが、年収以外の属性が低いと年収1,000万円以上でも審査に通らないケースもあるので注意が必要です。

 そもそも、ダイナースクラブカードには国内外の有名ホテル・旅館の客室アップグレード特典や、冒頭にも書いたように1〜2万円のコース料理が1名分無料になる特典など、トラベル・グルメに関する質の高いサービスが多く付帯されています。
 贅を楽しむ方にとっては価値ある優待特典ですが、経済的に余裕のない方にとっては魅力を感じづらいと思われます。
 年収が高くても他の属性が悪いために審査に落ちるケースも少なくなく、まずは経済的にゆとりのある方、贅沢を楽しむ機会が多い方に申込みをしてもらいたいステータスカードです。


ダイナースクラブカードキャンペン概要≪スマホ用≫ダイナースクラブカードのキャンペーン情報

ポイントについて

ダイナースクラブ リワードプログラム

 ショッピングでの利用金額100円毎に1ポイント貯まり、ポイントに有効期限がありません。
 ポイント交換の景品には、三ツ星レストランでのディナーや水族館の貸切、高級外車などなど、ダイナースクラブならではの選りすぐりの品がラインナップしています。

ショッピングモール

 「ダイナースクラブ オンラインショッピングモール」では、通常の数倍のポイントUP!またはキャッシュバックのどちらかを選択できるようになっており、お得にショッピングを楽しめます。
 モールには伊勢丹、高島屋、大丸松坂屋、ビックカメラ、Apple Store、紀伊國屋書店、BrooksBrothers、EDWINなど、有名ショップが多数参加しています。

マイルに交換

 ショッピングで貯めたポイントは、1,000ポイント=1,000マイルとして6つの航空会社のマイルに交換することもできます。
 交換可能な航空会社は、全日本空輸、アリタリア-イタリア航空、大韓航空、デルタ航空、ユナイテッド航空の合計5社。
 年間参加料は6,000円(税抜き)で、マイルに移行する際の加算手数料は無料となっています。

ダイナースクラブ提携航空会社

各種付帯保険

旅行傷害保険

 カードで旅費や交通費等を支払った場合に最高1億円まで補償する海外旅行傷害保険。カードでの支払いが無くても最高5,000万円まで補償します。
 また、国内旅行傷害保険はカードでの旅費・交通費を支払った場合に限り、最高1億円まで補償する内容となっています。

動産総合保険

 国内・海外を問わず、ダイナースクラブカードでお買い上げ頂いた商品が破損、盗難、火災等の偶然な事故により被害を被った場合、年間最高500万円まで補償するショッピング・リカバリー(動産総合保険)が付帯されています。
 補償期間は商品の購入日より90日間となっており、自己負担額は1万円となっています。

旅行

空港ラウンジサービス

 ダイナースクラブカードと当日の搭乗券を提示することで、国内主要空港はもちろん海外主要空港(アジア、北・南アメリカ、ヨーロッパ、アフリカ、オセアニア)のラウンジを無料で利用することが出来ます。

トラベルデスク

 国内・海外旅行のパッケージツアーや宿泊、航空券の手配や相談などを電話にて受付。
 お得な割引料金にて購入可能なツアーやホテル・航空券なども用意しています。

国内クラブホテルズ・旅の宿

温泉のイメージ写真

 国内の厳選されたホテル・旅館で、宿泊料金優待割引や客室アップグレード等のサービスを受けられる特典です。
 望楼NOGUCHI登別、ザ・ペニンシュラ東京、パレスホテル東京、あたみ石亭別邸桜岡茶寮、ハイアット リージェンシー 大阪、ウェスティンナゴヤキャッスル、ウェスティンホテル大阪、ふなや(道後温泉)、ハイアット・リージェンシー・福岡、ザ・リッツ・カールトン沖縄などなど、有名ホテル・旅館が数多く用意されていて、旅行や出張に行く機会が多い方にとっては、魅力的な特典となっています。

海外クラブホテルズ

ホテル ナポレオン パリ 客室の写真

 海外130以上の有名ラグジュアリーホテルにて、客室グレードアップや朝食または夕食などの優待特典を受けられるサービス。
 格式の高いホテルばかりで、海外へよく行く方にとっては嬉しい特典です。

空港送迎タクシー・サービス

 海外旅行の際、トラベルデスクにて1回の購入金額が50万円以上の海外パッケージツアー、日本初の海外航空券をご成約した場合に、空港までのタクシー送迎を片道無料または一部負担にて手配してくれます。
※対象となる空港は、成田空港(第1・第2ターミナル)、関西国際空港、中部国際空港、羽田空港国際線ターミナルで、送迎の対象となる地域に制限があります。

レンタカー

ハーツレンタカーのロゴ

 ハーツレンタカーを基本料金から5〜20%割引または特別料金にて利用可能。
 また、AVISレンタカーを基本料金より10%割引にて利用可能です。
※適用対象となる地域などご利用条件がありますので、申込み時にご確認願います。

海外アシスタンス/エマージェンシー・アシスタンス

 海外トラベルデスクでは、都市や交通機関、フライト等の案内、ホテルやレストラン、イベント、エンターテイメント等の案内・予約、交通の予約などを承っています。
 また、カードやパスポートの紛失・盗難時の手続きの案内や、万一の事故やトラブル時のアドバイス、日本語が可能な医師や医療施設の紹介なども行っており、様々な場面でサポートしてくれます。

グルメ

エグゼクティブ ダイニング

 全国の対象レストランで、ダイナースクラブ会員を含む2名以上で所定のコース料理を頼むと1名分の料金が無料。
 さらに6名以上なら2名分の料金が無料になるサービスです。

料亭プラン

 予約が難しいとされる高級料亭をダイナースクラブが会員にかわって予約してくれるサービス。
 一見さんお断りの老舗で、優雅なひと時を送ったり、お得先への接待にも利用できる嬉しい特典です。

サイレンス・スタイル

 クレジットカードの常識、先入観を覆すダイナースクラブならではの特典が「ダイナースクラブ サイレンス・スタイル」
 専用デスクにてお食事の予約をすれば、お食事の後にサインをしたりカードを提示したりする必要はありません。
 それどころか、カード会員本人がその場に居なくても支払いを済ませることが出来るので、大切な方々へのプレゼントなどにもご利用できます。

その他

健康サービス

 優待料金で利用できる「人間ドックサービス」や、体調不良や近頃気になっている健康面での相談などを専門アドバイザーが24時間・年中無休で電話で承ってくれる「健康相談・医療機関情報サービス」などのサービスを行っています。

コナミスポーツクラブ優待

 全国に展開するコナミスポーツクラブを優待料金で利用できます。
 利用頻度に応じて、“都度利用制”、“月会費制”を選択できるのも嬉しいです。

乗馬クラブレイン 乗馬体験優待

 運動効果だけなじゃく癒し効果もある乗馬。
 ダイナースクラブでは乗馬クラブレインにて「乗馬体験4回コース」の優待料金を用意しています。

ダイナースクラブカード
ダイナースクラブカード 年会費本人税抜22,000円+税
家族税抜5,000円+税
旅行傷害保険海外最高1億円まで
国内最高1億円まで
入会基準年齢27歳以上の方
カード利用枠一律の制限なし
国際ブランドdiners

ダイナースクラブカードの種類

私もダイナースクラブカード会員です

ダイナースクラブカードの実物写真

筆者自身も幾つか持っているステータスカードの中にダイナースクラブカードがあります。
会員歴は5年ほど。

他社のゴールドカードを持っていましたが、ダイナースクラブカードの会員向けのサービスに惹かれました。
入会当時は年会費15,000円と、今より安い設定であったのも入会を決断する決め手でしたね。

他社のゴールドカードよりも豊富なサービス。
何に惹かれるかは一人一人違うのでしょうが、私自身は海外主要空港のラウンジを無料で利用できる点が気に入りました。
通常、海外の空港ラウンジを利用するとなると「プライオリティ・パス」が頭に浮かびます。
このサービスが付帯したクレジットカードとなると、プラチナカードクラスになり最低でも年会費2万円。
楽天プレミアムカードは年会費1万円でありながらプライオリティ・パス付帯ですが、どうしても「楽天」のロゴが気になってしまい・・。

そして、私自身、若いころから美味しい食事をしながらお酒を飲むのが好きなタイプで、「ダイナースクラブ エグゼクティブ ダイニング」も魅力的でした。
この手のサービスは、他社だとプラチナカードに付帯しているんですが、大手カード会社だと東京や大阪といった首都圏に対象店舗が集中していて、地方都市に住んでいる方は恩恵を受けづらいんですよね。
その点、ダイナースの場合は地方都市にも対象飲食店がそこそこありましたので、いまでも重宝しております。
プライベートでも会社の取引先との会食にも使用していますが、対象飲食店のコース料理は1万円~2万円。2名利用だと1名分が無料になるんですから、これだけで年会費以上のパフォーマンスを発揮します。
会食した相手から「今日は御馳走様でした!」とよく言われますが、ホントは御馳走なんかしていないんですよね。(お酒など飲料の費用は発生しますが・・。)

上記のサービスは、当時のアメックスゴールドには付帯していなかったので、コストパフォーマンスの高さはピカイチに感じました。
※現在のアメックスゴールドには、エグゼクティブ ダイニングに相当するサービスが付帯されています。

エグゼクティブダイニングの写真

ダイナースクラブカードの利便性

よく「ダイナースクラブカードは加盟店数が少ないし、利便性はどうなの?」
と聞かれることがあります。

確かに“利便性”は悪いです。
VisaやJCBは使えるのにダイナースは使えないというお店は存在します。
でも使えないのはほんの僅かで、ほとんどのお店では決済できます。

飲食店や雑貨屋さん、地方のビジネスホテル、テーマパークなど一部では、JCBは使えるけどVisaは使えないという場所もありますし、これは他のブランドでも共通事項。
ただ、ダイナースを使えない場所は他ブランドよりちょっと多いといった程度で、ネットショッピングもホテルや旅館もコンビニも百貨店も決済に困ったことはありません。
そもそも持っているクレジットカードのブランドは「ダイナースクラブ」だけ、という方もいないでしょうし、使えないなら他のクレジットカードで支払えばいいだけの話ですから。

なので、個人的には、気にするレベルにはありません。

ダイナースクラブカードって自慢できる?

知っている人には「えっ!ダイナースクラブカード持ってるの?」と驚かれることもありますが、それはほんの一部ですね。
“ダイナースクラブ”の存在自体を知らない人も少なくなく「それってクレジットカードなの?」という知人もいます。(汗)
百貨店や高級ホテルに泊まっても、特にスタッフの方が驚く様子は全く見受けられません。

なので、“見栄”で持っても何の得にもならないと思います。

会員になって感じたこと

実際にダイナースクラブカード会員になって感じたのは、会員向けのイベントが多いな、ということでしょうか。
とりわけ、グルメに関するイベントは多いように感じます。有名なシェフを招いたり有名飲食店でのディナーなんかは頻繁にあります。
あとコンサート系も多い。

様々な予約に専用デスクへ電話することがありますが、スタッフの対応も丁寧で好印象。 個人的には全く不満はありません。

あと、ホテルの優待割引ですが、これ、大手旅行予約サイトで手配するよりもダイナースの優待を使った方が安いことってあるんですよね。
入会当初は気づかなかったのですが、この事実を知ってから出張の際は注意しています。

また、ダイナースクラブカードは、下の写真のようにカードの高級感があります。
光の当たり具合でキラキラ光るんですよね。
シルバー系のクレジットカードはいくつかありますが、ダイナースの高級感は他社のカードと一線を画しています。
自己満足でしかありませんが、お気に入りの一枚です。

カードの拡大写真

PAGE TOP

Copyright(c) 2012-2017 ゴールドカード・ウェブ[GoldCard WEB] All Rights Reserved.