menu
コンテンツのトップイメージ
  • HOME
  • >
  • 年会費が割引になるゴールドカード
三井住友ゴールドカードの会員向け優待特典
JCBゴールドのキャンペーンと優待サービス
ダイナースクラブカードの主な優待特典

ずーっとお得な年会費で維持できるゴールドカード

 年会費が高く、なかなかゴールドカードへの入会をためらっている方もいますが、中には割引特典を備えたゴールドカードも存在します。

 「年間に○十万円とか○百万のカード利用額が条件じゃないの?」

 と思った方、ご安心を。
 ここで紹介するのは、簡単な手続きで年会費が割引になるゴールドカードです。


三井住友ゴールドカードなら最短3営業日発行

楽Pay(らくペイ)登録で3,000円割引

 「楽Pay」とは、毎月の支払金額を自由に設定できるMUFGカードの登録型リボ払いサービスの名称。
 例えば、楽Payで支払額を5万円と設定し、15万円の買い物をしたとすると、初回の支払い月は5万円の支払いとなり、残りの金額は繰越となります。(繰越分にはリボ払い手数料がかかります。)
 毎月の支払金額は5,000円以上10万円以下の範囲内で設定でき、自分の都合に合わせて自由に変更することも出来ます。
 一度でも、カードの利用金額が翌月以降に繰越されると、次回の年会費が3,000円割引になるという仕組み。

 予想を超える出費があっても、月に一定額以上の支払いを請求されないメリットがある反面、月々の支払い上限設定可能額が10万円になっているため、毎月10万円を超える利用が予想される方は、常に繰越金を抱えるどころか繰越金がどんどん膨れ上がっていく現象が発生します。

 このため、ゴールドカードを持ったとしても、毎月○十万円も利用することは無いという、ライトユーザーにおすすめのサービスです。

三菱UFJカード ゴールドプレステージ
ゴールドプレステージ 年会費本人11,000円(税込) ※初年度無料
※楽Pay登録&利用で年会費3,000円割引
家族無料
旅行傷害保険海外最高5,000万円
国内最高5,000万円
入会基準原則として20歳以上で、ご本人に安定した収入のある方(学生不可)
カード利用枠50~300万円
国際ブランドvisaMasterCardJCB
MUFGカードのスタンダードタイプのゴールドカード。
大手カード会社だけあって、補償・サービスは充実。海外アシスタンスサービスの対応が良いというデータも過去に雑誌で紹介された実績があります。
利用実績を積むことで、プラチナカードへのランクアップも見えてきます。
MUFGカード・ゴールドプレステージ・アメリカン・エキスプレス・カード
MUFGプレステージ・アメックス 年会費本人11,000円(税込) ※初年度無料
※楽Pay登録&利用で年会費3,000円割引
家族無料
旅行傷害保険海外最高5,000万円
国内最高5,000万円
入会基準原則として20歳以上で、ご本人に安定した収入のある方(学生不可)
カード利用枠50~300万円
国際ブランドamex
MUFGカードのスタンダードタイプのゴールドカードで、国際ブランドはアメックス。
国内では初年度1.5倍、海外ではいつでも2.0倍のポイントがもらえるお得なゴールドカードです。
世界中の国や地域で宿泊やレストラン、レジャー等で8000以上の優待特典を受けられるアメリカン・エキスプレス・セレクトを利用できます。


こちらは楽Pay登録で1000円引き

 MUFGカードには、年会費2000円(税込)の格安ゴールドカードが存在します。
 こちらのカードは、楽Payに登録し、年に1回以上繰越が発生することで年会費1,000円に割引となります。

三菱UFJカード ゴールド
三菱UFJカード ゴールド券面画像 年会費本人2,095円(税込) ※初年度無料
※楽Pay登録&利用で年会費1,000円割引
家族1人目無料、2人目以降、440円(税込)
旅行傷害保険海外最高2,000万円
次年度以降はカード利用額に応じて
100万円または2,000万円
国内最高2,000万円
入会基準18歳以上で安定した収入のある方。
※未成年の方は親権者の同意が必要です。
※学生の方は学生用のカードをお申込みください。
カード利用枠10~200万円
国際ブランドMasterCard
年会費2,095円(税込)で入会可能な格安ゴールドの先駆けともなったゴールドカード。
テレビCMの影響もあって人気が非常に高い。審査は一般のクレジットカードとほとんど変わらないという声も多い。
国際線利用時にしか空港ラウンジサービスを利用できないなど、余計なサービスを剥ぎ落としているので、ちょっと要注意。
MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード
MUFGカード ゴールド アメックス券面画像 年会費本人2,095円(税込) ※初年度無料
※楽Pay登録&利用で年会費1,000円割引
家族1人目無料、2人目以降、440円(税込)
旅行傷害保険海外最高2,000万円
次年度以降はカード利用額に応じて
100万円または2,000万円
国内最高2,000万円
入会基準18歳以上で安定した収入のある方。
※未成年の方は親権者の同意が必要です。
※学生の方は学生用のカードをお申込みください。
カード利用枠10~200万円
国際ブランドamex
三菱UFJカード ゴールドのアメックスブランド。
初年度は1.5倍、海外での利用は2.0倍のポイントが付くため、ポイント還元率にこだわるならこちらがお得。国際線利用時にしか空港ラウンジサービスを利用できない点に注意が必要です。


年会費が半額以下に!?三井住友カード ゴールド

 続いて紹介するのが、三井住友カード ゴールド。
 三井住友カードは発行するスタンダードタイプのゴールドカードで、年会費は11,000円(税込)。
 このカードは、「マイ・ペイすリボ」というリボ払いサービスに登録し、カードの利用代金明細書をWEB明細書サービスに登録することで、なんと半額以下の4,400円(税込)まで年会費を割引きにすることが可能です。
 「マイ・ペイすリボ」とは、毎月の支払金額を自分自身で自由に設定し、これを超える金額の利用があった場合は、一部でも全額でも都合に合わせて支払い金額を決められるサービス。
 月の支払金額を10万円と設定すれば、これ以上の利用があった場合は、10万円を支払って残りを翌月に支払うのも良し、全額を支払うのも良し、というわけ。

 こう書くと基本的に「リボ払い」専用のカードと捉える方が多いでしょうが、実はそうでもなく、例えばカードの利用上限額が100万円だとした場合、マイ・ペイすリボで999,000円に設定するとどうなるか?

 そう、リボ払いじゃなく一括払い専用のカードとなるわけです。
 MUFGカードの「楽Pay」が上限10万円にしか設定できないのに対し、三井住友カードは設定金額に上限がなく、自由度の高さが大きな魅力です。
 そして何より、たった4,400円(税込)の年会費で三井住友カードが提供するゴールド会員向けのサービスを受けられるのは、もの凄いコストパフォーマンスです。

三井住友カード ゴールド
三井住友カード ゴールド 年会費本人11,000円(税込) ※初年度無料
※条件クリアで年会費、4,400円(税込)
家族1名無料、2人目から1,100円(税込)
旅行傷害保険海外最高5,000万円
国内最高5,000万円
入会基準原則として、満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方
カード利用枠50~200万円
国際ブランドvisaMasterCard
三井住友カードが発行するスタンダードタイプのゴールドカード。
非常に簡単な手続きで、カードの年間利用額の大小に関係なく誰でも次年度以降4,400円(税込)の年会費にすることができます。できるだけ低価格で、補償とサービスがより充実したゴールドカードを探しているなら、このカードがおすすめ。
利用実績を積むことで「三井住友カード プラチナ(年会費55,000円(税込))」への切替えも見えてきます。

ANAカードを作るなら絶対にANA VISAワイドゴールドカード

ANAカードを作る場合、ベーシックな一般カードを選ぶ方が少なくないですが、バランスを考えるとコスパ最強なのはANA VISAワイドゴールドカードの一択となります。

一般カードを作った方の多くは、ショッピングマイルがより貯まりやすい、「10マイルコース」を選択していると思いますが、年会費とは別に年間6,000円(税別)が必要となります。
これに対して、ワイドゴールドカードは無料かつ無条件で「10マイルコース」がデフォルトとなっています。

ANAカードのVisaおよびMastercardブランドは三井住友カードが発行していますが、年会費優遇サービスを用意していて、実質的な年会費は9,550円(税込)。

実はこの金額、ANA一般カードで「10マイルコース」を選択し、かつ年会費優遇を受けた場合と比べて2,500円しか変わらないのです。
補償内容が大幅アップし、空港ラウンジも無料で利用可能、それでいて搭乗マイルはANA一般カードよりも多くたまるのですから、絶対にANA VISAワイドゴールドカードのほうがお得になります。

ANA VISAワイドゴールドカード
ANA VISAワイドゴールドカード年会費本人15,400円(税込) 10,450円(税込)
家族4,400円(税込)
旅行傷害保険海外最高5,000万円
国内最高5,000万円
入会基準原則として、満20歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方
カード利用枠50~200万円
国際ブランドvisaMasterCard
ANAカードの中のゴールドカードで、三井住友カード株式会社が発行。
JCBと異なり、VisaまたはMastercardなら、簡単な条件を満たすだけで次年度以降9,550円(税込)に誰でも優遇される。
バランスに優れ、ANAカードを作るなら一般カードよりもお得。
ゴールドカードのおすすめコンテンツのご案内 ≪スマホ用≫ゴールドカードの選び方
ゴールドカードの選び方
ゴールドカードの年収条件
優待特典・サービスからゴールドカードを選ぶ
ステータス重視でカードを選ぶ

PAGE TOP

Copyright(c) 2012- ゴールドカード・ウェブ[GoldCard WEB] All Rights Reserved.