menu

レストランや居酒屋、バーを割引優待で利用

全国の対象となる飲食店(居酒屋・レストラン・バー等)で、優待割引を利用できる特典は、多くのゴールドカードに付帯しています。
 しかし、「選べる飲食店が多い」と感じるのは、以下のクレジットカードに絞られます。

アメリカン・エキスプレスブランドのカード

アメリカン・エキスプレスのプロパーカードはもちろん、三菱UFJカードやセゾンカードでもアメックスブランドであれば、毎年、全国の対象店舗で20%をキャッシュバックするキャンペーンを開催しています。
(※楽天カードは対象外)

「SHOP SMALL 街のお店応援キャッシュバック」なる名称のこのキャンペーンは、対象店舗のカテゴリが多岐に渡り、居酒屋やお寿司、焼肉、とんかつ、ラーメンやファストフードなどの飲食店、ケーキ屋さん、花屋さん、美容室、スーパーなどさまざま。
しかも、都市部だけじゃなく、地方の町村にも対象店舗が存在するため、かなり利便性の高いキャンペーンと言えます。
キャッシュバックは期間中の上限が決められており、2022年は2,500円。
僕自身、毎年、5,000円以上の恩恵を受けているキャンペーンです。

また、アメリカン・エキスプレスのプロパーカード(グリーンカードおよびゴールドカード)は、年間を通じてホテルや飲食店、ショッピングといった分野でキャッシュバックキャンペーンを実施。
対象となるショップは年によって異なりますが、ホテルはザ・ペニンシュラ東京やヒルトン、ハイアットなどラグジュアリーなホテルが対象となることが多く、5,000円以上のキャッシュバックを受けられます。
Amazon.co.jpやAppleオンラインストアでのキャッシュバックを開催したこともあり、たとえばAmazon.co.jpで10%、最大8,000円、Appleオンラインストアで3万円利用ごとに6,000円キャッシュバックなど。
僕自身、かなりの恩恵を受けています。

なお、セゾンや三菱UFJカードでもアメックスブランドのカードであれば、年間を通じて最大30%キャッシュバックキャンペーンを既存会員向けに提供しています。

一休.comレストランなど、大手であってもアメックスブランドで決済できないオンラインショップもたしかにありますが、日本国内では日常的な利用で困ることがほぼありませんし、キャンペーンが多いので、1枚持っていると何かと重宝する国際ブランドです。

アメックスブランドを選べるゴールドカード一覧

また、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(以下、アメックス・ゴールド)には・全国の対象飲食店を2名以上で予約すると1名分のコース料理が無料になる「招待日和」が付帯しています。
ちなみにコース料理の料金ですが、一人1万円~2万円くらいのお店が多いです。
アメックス・ゴールドは年会費31,900円と高額ですが、この優待特典を活用することで年会費の割高感を解消することが可能です。

アメックス・ゴールドの優待特典について


グルメ系優待に関連した料理の写真

JCBゴールド グルメ優待サービス

JCBゴールド会員のみ(JCB GOLD EXTAGE会員は不可)が利用できる、グルメ優待。
 20%割引で利用可能な対象飲食店は全国約250店舗と多めで、会員がよく利用し、口コミ等でも評価の高い飲食店を揃えています。そのほか、10%割引で飲食できるお店もあります。
しかも、20%割引の対象店舗は全都道府県にあるのも大きな魅力と言えます。
 大手のグルメ予約サイトよりお得ですが、JCBはクーポンを持参しなきゃいけない(ウェブから印刷可能)のがちょっとネック。

JCBゴールドの審査と会員特典

刺身の盛り合わせ写真

エポス

全国の居酒屋やレストランで利用できる優待特典が多数あります。飲食以外にも映画館やレジャー施設、ホテルなど、全国1万店舗で利用できる優待を用意。
 しかも、エポスゴールドカードは一般カードからのインビテーションでランクアップした会員さんは永年年会費無料。(新規に5,000円を支払って入会された会員も、年間50万円以上の利用で翌年以降の年会費は永年無料になります。)
 コストパフォーマンスがいいというより、ノーコストハイパフォーマンスな1枚です。

私も利用しているエポスゴールドカードの詳細



ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカードは、ちょっと贅沢な食事をする機会が多いなら、絶対に1枚持っておきたいクレジットカードです。
まず、対象店舗で2名以上で所定のコース料理を予約すると、1名分のコース料理が無料になる「エグゼクティブ ダイニング」なる優待が付帯しています。
この類の優待特典は、通常、プラチナカードに付帯していますが、対象店舗の数は「エグゼクティブ ダイニング」が最も多く、利用価値の高い優待。
僕自身、この優待を活用したくてダイナースクラブカードに入会しました。

コース料理のお値段ですが、お店によってマチマチなものの、概ね1万円~2万円に収まるお店が多く、年に2回利用すれば年会費24,200円以上のメリットを受けられます。

また、予約が困難な料亭などの高級飲食店をダイナースが代わりに予約してくれるサービスや、“おひとり様”でもちょっと贅沢な食事をいただける「ごほうび予約」など、グルメ系に関する優待は豊富に用意。
僕自身、「ごほうび予約」を活用して銀座のお店に伺ったことがありますが、お店の入り口が施錠されている“一見さんお断り”の飲食店でした。お店の方はとても気さくで、楽しい会話の中で美味しい料理、美味しいお酒を満喫できました。
そのほか、ダイナースが協賛して毎年実施している“イタリアン レストランウィーク”や“銀座レストランウィーク”などなど、お得な料金設定でコース料理をいただけるイベントも魅力。
こちらは、一般の方も利用できますが、ダイナースクラブカード会員は先行予約が可能。人気のお店は予約が取りづらい傾向が見られますが、ダイナースクラブカードを持っていると一般の方よりも早く予約をできますので、有利に店を抑えることができます。

ダイナースクラブカードの詳細


ごほうび予約の対象店の食事の例

ダイナースクラブカードのメリットについて語る

別なサービスからクレジットカードを選ぶ

PAGE TOP

Copyright(c) 2012- ゴールドカード・ウェブ[GoldCard WEB] All Rights Reserved.