menu
コンテンツのトップイメージ

ポイントの移行先は、各カード発行会社で違いがある

 カードの利用で貯めたポイントは、好きな景品やギフト券と交換することが可能ですが、他のポイントへ移行する方も少なくないと思います。
 そこで、各カード会社のポイント移行先がどのくらいあるのかを表にまとめてみました。
 なお、ポイントの移行先はカードごとではなく、カード発行会社のポイントプログラムごとで統一されています。
 このため、表に掲載しているゴールドカードの画像はイメージであり、同じカード会社のカードなら移行先に違いはありません。

 また、ここでは航空会社のマイレージは除外しています。
 JALやANAなどの航空会社のマイルへの交換を希望される方は、別のページにまとめていますので、そちらをご覧ください。

各ゴールドカードとマイルへ移行できる航空会社

JCB
JCBゴールド券面画像
三井住友
三井住友ゴールドカード券面画像
MUFG
MUFGゴールド・プレステージ券面画像
三井住友
トラストクラブ
SuMi TRUST CLUB ゴールド券面画像
セゾン
セゾンゴールド・アメックス券面画像
セディナ
セディナカードaxu券面画像
ドコモポイント
auポイント
ソフトバンクポイント
ビックカメラ
ヨドバシカメラ
ジョーシン
ベルメゾン
楽天スーパーポイント
Yahoo!ポイント
セシールスマイルポイント
Tポイント
JTBトラベル
ちょコム
nanaco
WAONのロゴ
ダイエーハートポイント
PiTaPa
楽天Edy
カエトク
スターバックスカード チャージ

※UCカードはクレディセゾンが発行しているので、セゾンカードと同じ移行先となりますが、上表に加えてビックカメラのポイントへの移行も可能です。
※アメリカン・エキスプレスは、楽天スーパーポイントおよびYahoo!ポイントへのみ移行可能です。

最も移行先が多いのはJCBゴールド

 表を見ての通り、もっともポイントの移行先が豊富なのは、JCBカードということになりました。
 そして三井住友カード、MUFGカードと続きますが、自分のよく利用するが含まれているかどうかでゴールドカードを選ぶのも一つの方法ではないかと思います。

JCBゴールド
JCBゴールドカード 年会費本人税抜10,000円+税 ※初年度無料
家族1名無料、2人目以降、税抜1,000円+税
旅行傷害保険海外最高1億円
国内最高5,000万円
入会基準原則として20歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方。
※学生の方は申込み不可
カード利用枠個別に設定
国際ブランドJCB
JCBカードのスタンダードタイプのゴールドカード。国内最大級の発行枚数を誇り、日本ではVISAやMasterCardよりも加盟店が多く、1枚持っていれば安心。
年間100万円以上のカード利用を2年連続で、ワンランク上の補償とサービスが付帯された「JCBゴールド・ザ・プレミア」への入会案内が届きます。
また、ゴールドでの利用実績を積むことで、富裕層の中でも人気が高いプラチナカード「JCBザ・クラス(年会費50,000円(税抜き))」へのインビテーションが届きます。
三井住友VISAゴールドカード
三井住友VISAゴールドカード 年会費本人税抜10,000円+税 ※初年度無料
家族1名無料、2人目から税抜1,000円+税
旅行傷害保険海外最高5,000万円
国内最高5,000万円
入会基準原則として、満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方
カード利用枠50〜200万円
国際ブランドvisaMasterCard
三井住友カードが発行するスタンダードタイプのゴールドカード。
非常に簡単な手続きで、カードの年間利用額の大小に関係なく誰でも次年度以降4,000円(税抜き)の年会費にすることができます。できるだけ低価格で、補償とサービスがより充実したゴールドカードを探しているなら、このカードがおすすめ。
利用実績を積むことで「三井住友プラチナカード(年会費50,000円(税抜き))」への切替えも見えてきます。
ダイナースクラブカードのメリットについて語る

別なサービスからクレジットカードを選ぶ

ゴールドカードのおすすめコンテンツのご案内 ≪スマホ用≫ゴールドカードの選び方
ゴールドカードの選び方
ゴールドカードの年収条件
優待特典・サービスからゴールドカードを選ぶ
ステータス重視でカードを選ぶ

PAGE TOP

Copyright(c) 2012-2017 ゴールドカード・ウェブ[GoldCard WEB] All Rights Reserved.