コンテンツのトップイメージ
  • HOME
  • >
  • 失敗しないゴールドカードの選び方
カード会社とのタイアップキャンペーン
JCBゴールドカードのバナー 三井住友カード当サイト限定キャンペーン

失敗しないゴールドカードの選び方

 ゴールドカードを選ぶときには、まず「カードに求めるもの」を明確にしなければ、自分に合った1枚を絞り込めません。
 なぜ、ゴールドカードを欲しいと感じたかは人それぞれで、各カードにも特色があり、全ての人が満足できる1枚はありません。
 そこで、目的別にお勧めのゴールドカードを絞り込んで紹介していきたいと思います。


三井住友ゴールドカードなら最短3営業日発行

とにかく安く、ゴールドカードを欲しい

 皆さんの中には、たとえば、ゴールドカードを持ったとしても「空港ラウンジサービスには興味が無い」という方もいるのではないかと思います。
 ただ単に、「金色のクレジットカードを持ってみたい」という方もいるでしょう。
 要望は、「とにかく年会費が安いゴールドカード」。

とにかく安く、ゴールドカードを欲しいなら

年会費は安く、ゴールドカードらしいサービスが付帯した1枚が欲しい

 「いくら年会費が安くても、サービスや特典内容が乏しいようなゴールドカードはいらない」
 「空港ラウンジサービスが付いていて、極力年会費が安いゴールドカードが欲しい」
 そんな方におすすめのゴールドカードとは?

年会費は安いけど、しっかりゴールド!

年会費1万円くらいで
優待特典が充実したゴールドカードは?

 年会費1万円といえば、各社のスタンダードタイプのゴールドカードに設定されている金額。
 「そのくらいの年会費は出せるから、会員向けの優待特典が充実したゴールドが欲しい!」
 という方に、おすすめのゴールドカードは?

年会費1万円程度で優待特典が充実したゴールドカードは?

コストパフォーマンスに
優れたゴールドカードが欲しい

 年会費以上の優待特典を備えたカードを厳選してまとめました。
 詳細は、下記ページにてご確認ください。

コストパフォーマンスが高いゴールドカード

ポイント還元率が高いゴールドカード

 クレジットカードは、ショッピングの利用でポイントが貯まりますが、その“ポイント還元率”には各カードで違いがあります。
 「ポイント還元率が高いゴールドカードが欲しい!」
 という方は、以下のページをご覧ください。

ポイント還元率が高いゴールドカードなら

ステータス性を重視してカードを選びたい

 以前なら、年収500万円以上だとか、勤続年数10年以上など、ゴールドカードの審査は厳しい内容でしたが、今現在は入会基準に年収や勤続年数などを具体的な数字で示すカード会社は少なく、年収300万円台でもゴールドを持つ人が現れる時代。
 年収が高くない人にとっては嬉しい方向へと向かいましたが、ゴールドカードが持つ“プレミアム感”は間違いなく低下したと言わざるをえません。

 となると、高年収の方にとっては、「ありきたりのゴールドカード」では入会しても大きな喜びを感じられない心境に陥ることもしばしば・・・。
 では、【ステータス性】にこだわる方には、どんなゴールドカードが相応しいのでしょうか?

ステータス性を重視して選ぶなら

ダイナースクラブカードのメリットについて語る

PAGE TOP

Copyright(c) 2012-2017 ゴールドカード・ウェブ All Rights Reserved.