menu
プラチナカードのページトップイメージ画像
プラチナカードnavi.jp ロゴマーク≪スマホ用素材≫プラチナカードnavi.jp ロゴマーク

プラチナカードについて

 プラチナカードとは、ゴールドカードよりもステータス性が高いクレジットカードで、会員向けの補償とサービス内容が充実している特徴を持ちます。
 以前は、ゴールドカードを持っている方の中で、年間利用額が高い方にカード会社からインビテーション(招待状)が届き、書類に必要事項を記入して返送、カード会社の審査が無事通過すればプラチナカード発行という手順でしたが、今では、新規に入会を受付けているプラチナカードも多くなりました。

 ゴールドカードなんて回り道をせず、すぐにプラチナカードを手に入れたい方には朗報でしょうが、プラチナカードの希少性が失われると捉える方も少なくなく、新規入会可能なプラチナカードは賛否両論です。

 なお、“プラチナカード”はデザインがプラチナシルバーだとは限らず、“ブラック”を基調としたデザインの方が多く存在します。
 色はもちろん中身的にも、俗にいう“ブラックカード”とプラチナカードの区別が曖昧なカードも存在しています。

プラチナカードを取得する方法

 もっとも無難なのは、ゴールドカードに入会して一定期間コツコツと利用実績を積むこと。
 各カード会社によって異なりますが、期間しては概ね2年程度、少なくとも年間100万円以上の利用が毎年あれば、インビテーションが届くと考えて差支えないと思われます。
 入会にはプラチナカード独自の審査がありますので、インビテーションが届いたからといって即入会OK!とはいきませんが、ゴールドカードの利用実績がある分、入会しやすく、ハードルの差は歴然です。

 もうひとつは新規入会を募集しているプラチナカードを申込むこと。
 この場合、一からの審査となりますので、ゴールドカードからランクアップするよりもハードルが高いことに注意した方がいいでしょう。

プラチナカードを取得するための年収

 プラチナカードへの入会となると、気になるのが「年収」ではないでしょうか?
 入会審査には、職業や勤続年数、持ち家の有無、家族構成、保有資産など、他の要因も重要なのですが、「年収」を気にされる方が最も多いように思います。

 まず、ゴールドカード会員になった方で、インビテーションをもらった方は、それほど大きく「年収」に悩む必要はないと思います。
 カード発行会社は、ゴールドカード会員の中から厳選してインビテーションを送っているので、プラチナ会員にランクアップ出来る可能性は高いと考えていいでしょう。

 新規にプラチナカードへの申込みをするなら、たとえば三井住友プラチナカード(年会費50,000円(税抜き))であれば最低でも700〜800万円、できれば1,000万円以上の年収が欲しいところ。
 カードの利用限度額が300万円からとなっているので、新規入会だとそう簡単には通りません。年収700~800万円の方の場合は、勤務先や住居形態など他の属性が高くないと、審査に落ちます。
 そもそも、ある程度、普段から食事や旅行で贅沢をする余裕がある方ではないと会員の優待特典を使いきれず、プラチナカードの年会費は高いと感じるのではないかと思います。
 MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード(年会費20,000円+税)などであれば、年収400~500万円程度でも審査に通る可能性はありますが、年収だけで審査を行っているわけではないことに注意しましょう。

新規入会を受付けているプラチナカード一覧

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
MUFGプラチナカード券面画像 年会費本人税抜20,000円+税
家族無料
旅行傷害保険海外最高1億円まで
国内最高1億円まで
入会基準原則として20才以上で、ご本人に安定した収入のある方
(学生を除く)
カード利用枠カード送付書にて案内
国際ブランドamex
最も安いレベルの年会費のプラチナカードで、手軽に入会できる1枚。
発行会社である三菱UFJニコスは、カード会員の声をくみ取り、定期的に優待特典を追加したり会員向けサービスをレベルアップさせたりと、低い年会費設定であっても中身のあるプラチナカードで、おすすめ度は高い1枚です。
JALカード プラチナ
JALプラチナアメックス 券面画像 年会費本人税抜31,000円+税
家族税抜15,500円+税
旅行傷害保険海外最高1億円
国内最高5,000万円
入会基準20歳以上でご本人に安定した収入のある方(学生を除く)
カード利用枠個別に設定
国際ブランドamex
JALカードの最上位に位置するクレジットカード。
JALグループ便やワンワールド加盟航空会社などのフライトでマイルが貯まります。世界の950ヵ所以上の主要空港にあるラウンジを無料で利用できるプライオリティ・パスに無料で登録できたり、国内・海外の一流ホテルや上質なダイニングを優待特典付きで利用できるなど、マイルの貯まりやすさのほかにもプラチナカードらしい上質なサービスが付帯しています。
三井住友プラチナカード
三井住友プラチナカード県メイン画像 年会費本人税抜50,000円+税
家族無料
旅行傷害保険海外最高1億円まで
国内最高1億円まで
入会基準原則として、満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方
※三井住友プラチナカード独自の審査基準により発行させていただきます。
カード利用枠原則300万円〜
国際ブランドvisa MasterCard
インビテーション制(招待制)を採用していた時期もありましたが、今は新規の申込みが可能となったプラチナカード。
一般的な年会費設定ですが、高級ホテルや飲食店等に関する質の高い特典は豊富。コンシェルジェはもちろん、年に1度のプレゼントがもらえるメンバーズセレクション、カードの利用金額に応じて半年に1度ギフトカードがもらえるなど、贅を楽しむ方にとってはお得な年会費に感じる1枚。
プラチナカードnavi.jp ロゴマーク≪スマホ用素材≫プラチナカードnavi.jp ロゴマーク

PAGE TOP

Copyright(c) 2012-2017 ゴールドカード・ウェブ[GoldCard WEB] All Rights Reserved.