menu
コンテンツのトップイメージ
三井住友ゴールドカード新規入会キャンペーンのご案内

格安プラチナカードも存在する、ステータス性の高いカードがひしめく価格帯

 年会費が2万円を超え3万円未満となると、ゴールドカードではアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(年会費27,000円(税抜き))しか存在せず、他はゴールドカードよりもワンランク上の存在となるクレジットカードとなります。
 スタンダードタイプのゴールドカードが年会費1万円程度であることを考えると、この価格帯は当然、“普通”のゴールドカードよりもステータス性が高いのは言うまでもありません。
 また、業界最安の年会費を誇るプラチナカードも存在し、意外と!?種類があります。

ゴールドカードから選択する

 この価格帯に位置する唯一の「ゴールドカード」がアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード。
 ただ、カード名称に“ゴールド”が付くものの実質的には、VISA・MasterCard・JCBのプラチナカードに近いスペックとなっていて、ステータス性の高さはピカイチです。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 年会費本人税抜29,000円+税
家族1人目無料、2人目以降12,000円+税
旅行傷害保険海外最高1億円
国内最高5,000万円
入会基準日本国内に定住所を持ち、25歳以上で定職がある方
カード利用枠個別に設定
国際ブランドamex
“ゴールドカード”という名前が付いているものの年会費は29,000円(税抜き)と高く、VISAやMasterCard、JCBのプラチナカード級のステータス性を持つクレジットカード。
補償やサービスの多さはもちろん、会員専用の電話窓口の対応の良さは定評があります。
この上にはプラチナカードやセンチュリオンカードといった上位カードが存在し、これらの取得を目指している方も少なくありません。仕事はバリバリ、遊びもアクティブに過ごす方に最適。

アメックスゴールドのメリットとデメリットのバナー

ダイナースクラブカードから選ぶ

 一般的なゴールドカードよりも、ステータス性が高いクレジットカードとして知られるダイナースクラブカード。
 そもそもダイナースクラブカードには年会費を安く設定した「一般カード」がなく、最低でも年会費22,000円(税抜き)から始まり、これもステータス性の高さに寄与しています。
 他社のスタンダードタイプのゴールドカードより高めの年会費ですが、会員特典の質がかなり高く、総合的に考えると割安感を感じてしまいます。
 一般的なゴールドカードでは物足りないと感じているビジネスマンはもちろん、プライベートもこだわりを持って楽しんでいる方に最適なカードです。

 年会費が2万円を超えるダイナースクラブカードは、一般カードのほかに航空会社と提携したカードもあり、マイルの貯まりやすさとダイナースクラブの質の高いサービスを受けられるのが大きなポイントとなります。
 国内の主要空港はもちろん、世界の主要空港にある空港ラウンジを無料で利用できる特典が付帯しており、海外へよく行かれる方にもおすすめです。

ダイナースクラブカード
ダイナースクラブカード 年会費本人税抜22,000円+税
家族税抜5,000円+税
旅行傷害保険海外最高1億円まで
国内最高1億円まで
入会基準年齢27歳以上の方
カード利用枠一律の制限なし
国際ブランドdiners
プレミアム性の高いことで知られるクレジットカード。
年会費は22,000円(税抜き)と通常のゴールドカードよりは割高ですが、提携飲食店にて2名以上で所定のコースを利用すれば1名分が無料になる「エグゼクティブ ダイニング」や、一見さんお断りの料亭をダイナースクラブが会員に代わって予約してくれるなど、質の高いサービスが付帯されていて、実質的にはコストパフォーマンスが高いと言えます。
BMW ダイナースカード
BMW ダイナースカード券面画像 年会費本人税抜25,000円+税
家族税抜7,000円+税
旅行傷害保険海外最高1億円まで
国内最高1億円まで
入会基準年齢27歳以上の方
カード利用枠一律の制限なし
国際ブランドdiners
BMW正規ディーラーでの車輌購入代金の決済に利用できるクレジットカード。
BMW正規ディーラーにてカードで代金を支払った場合、貯めたポイントを100ポイント=100円に換算して、キャッシュバック利用可能枠の範囲内でキャッシュバックに利用できます。
年間で合計100万円以上利用すると、毎年「BMWオリジナルグッズ」をプレゼント
ANAダイナースカード
ANAダイナースカード 年会費本人税抜27,000円+税
家族税抜6,000円+税
旅行傷害保険海外最高1億円まで
国内最高1億円まで
入会基準年齢27歳以上の方
カード利用枠一律の制限なし
国際ブランドdiners
ANAと提携したダイナースクラブカードで、ANAのマイルの貯まりやすさとダイナースクラブの質の高いサービスが特徴。入会ボーナス2,000マイル、継続ボーナス2,000マイル、区間基本マイレージの25%のボーナスがもらえます。
そのほか、カードでEdyチャージをすると、200円で1マイルが自動的に積算されます。
MileagePlus ダイナースクラブカード
MileagePlus ダイナースクラブカード券面画像 年会費本人税抜28,000円+税
家族税抜9,000円+税
旅行傷害保険海外最高1億円まで
国内最高1億円まで
入会基準年齢27歳以上の方
カード利用枠一律の制限なし
国際ブランドdiners
ユナイテッド航空およびスターアライアンス加盟航空会社のフライトでマイルが貯まります。
入会時に5,000ボーナスマイルプレゼント。※再入会は適用対象外。ご継続で2,000ボーナスマイルプレゼント。
カードでのショッピングでは、100円につき1マイルが貯まります。
JALダイナースカード
JALダイナースカード 年会費本人税抜28,000円+税
家族税抜9,000円+税
旅行傷害保険海外最高1億円まで
国内最高1億円まで
入会基準年齢27歳以上の方
カード利用枠一律の制限なし
国際ブランドdiners
JALと提携したダイナースクラブカードで、JALのマイルの貯まりやすさとダイナースクラブの質の高いサービスが融合した一枚。入会搭乗ボーナス5,000マイル、毎年初回搭乗ボーナス2,000マイル、ご搭乗ごとに区間マイルの25%のボーナスマイルがもらえます。
さらに「JALカード ツアープレミアム」に登録(年会費2,000円+税)すると、区間マイルの100%が貯まります。

プラチナカードを選ぶ

 プラチナカードの中でも格安の20,000円(税抜き)で入会できるのが、MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード。
 JCBや三井住友カードで5万円強、アメックスやダイナースで10万円以上となることを考えると、いかにMUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードが安く年会費を設定しているのかが分かると思います。

 20,000円(税抜き)と言えども、コンシェルジェサービスが付帯しているので、様々な要望に応えてくれます。

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード券面画像 年会費本人税抜20,000円+税
家族1人目無料、2人目以降、税抜3,000円+税
旅行傷害保険海外最高1億円まで
国内最高5,000万円まで
入会基準原則として20歳以上で、ご本人に安定した収入のある方
カード利用枠50?500万円
国際ブランドamex
業界最安のプラチナカードで、家族会員も1名分までは無料。
「プライオリティ・パス」に無料で登録でき、世界600ヶ所以上の主要空港の空港ラウンジを無料で利用できます。
「プラチナ・コンシェルジェサービス」は、旅行や買い物・飲食・医療・健康など、さまざまな要望・相談に応じてくれるプラチナカードならではのサービスです。

その他の年会費から選択する

PAGE TOP

Copyright(c) 2012-2018 ゴールドカード・ウェブ[GoldCard WEB] All Rights Reserved.